ビタミンB1の投与による集中力低下の改善。



にんにく注射と集中力の改善


【にんにく注射と集中力の改善 】
にんにく注射が内包する栄養素であるビタミンB1の不足は、 実は集中力の低下を招く可能性が有ります。 試験前や重大なプレゼンテーション前など集中力を必要とするイベントの前には、 栄養補給の検討も非常に大事と言えます。
集中力は学業・スポーツを問わず、様々な局面で必要となる重大な精神機能と言えます。 個々の人間の能力の差は年齢や性別などを揃えた場合には、 種としてはそれほどには大きくないとも言われますが、 その個人個人のなせる業績や結果に開きがあるのは集中力の個人差が大きいからかも知れません。
つまり集中力の有無や程度は、人生における成功のカギの一つとも言える重大なものと言えます。
こうした人生を左右しうるような集中力は、 努力、トレーニングや習慣によって、扶育し、その機能を高める事ももちろん可能です。
我々が幼少の頃より慣れ親しんでいる、基礎教育⇒試験という学習のサイクルは、 一つの側面として集中力を試しているという要素も否めません。
しかし、この大切な集中力は、実は病理的な理由で低下する事がまま有り、 努力、トレーニング、習慣以外にもそのクオリティを変動させる因子が、 病理的な要素にある事はあまり一般には周知されていない事かもしれません。
本項ではにんにく注射に内包される必須栄養素のビタミンB1が不足する事で、 集中力が低下してしまうという話を主軸に、 集中力が低下する疾患のご紹介、 また対策としてのにんにく注射の投与内容などについてなど記載しております。 是非とも、ご参照くださいませ。


【症状としての集中力の低下】
上記しましたが、集中力の低下は、努力などの精神性、 習慣・トレーニングなどの修養以外に、 病理的なニュアンスでの発生が有るとされています。
逆説的にはこの病理的なニュアンスで発生する低下を回避する事で、 精神性、修養によって業務などにおける集中力を上げる事も可能と思われます。
集中力が低下する疾病として代表的なものには、 精神的疾患があると思われます。うつ病、躁鬱病、統合失調症、不安障害など、 これらの精神的疾患は集中力を低下させてしまうばかりか、 様々な社会生活上の問題を引き起こす可能性も有ります。
代謝性疾患の中で集中力を下げてしまうものとしては低血糖症などが有ります。 低血糖症は基本的には抗糖尿病薬の副作用的な状況で発生する事がポピュラーと言えますが、 中には膵臓腫瘍など手術的介入を必要とするような疾患がベースにあって発生している場合も有ります。
その他の疾病としては軽度の熱中症、睡眠時無呼吸症候群、 またポピュラーな女性の疾患である更年期障害なども集中力の低下を、 症状の一つとして表出する場合が有ります。
そして栄養不良により発生するものですが、にんにく注射に内包されるビタミンB1は その血中濃度が低下する事で集中力の低下を引き起こす場合が有るとされています。


【ビタミンB1欠乏による症状としての集中力の低下】
にんにく注射に内包されるビタミンB1の低下は、 集中力の低下を引き起こす可能性があると上記しましたが、 そもそもこうした事象に関与する栄養素:ビタミンB1とはいったい何なのでしょうか?
このビタミンB1は実は体内で合成出来ないとされる必須栄養素の一つで、 つまり食事やにんにく注射のように外部から補給しない限りは、 体内のストック量がどんどん減少してしまう傾向のものです。
このビタミンB1は実は糖質の代謝に必須の栄養素であり、 これが無いもしくは少ない事によって人間のエネルギーシステムは極端な機能低下を示してしまいます。
そしてその欠乏が行きすぎる事によって大きな疾病や生命の危機を引き起こす場合も有り得るとされています。
特にビタミンB1の低下による集中力低下は、この重要な栄養素の軽度低下による初期症状に過ぎません。 このビタミンB1の軽度低下による症状は、実は集中力の低下以外にもバリアブルで、 全身倦怠感、食欲低下、体重減少、頭痛、不眠なども発生する可能性が有ります。
長期に渡りファーストフードやコンビニフードなど糖質・脂質比重の高い食事内容を継続していて、 特に栄養に配慮されていない生活の方で、集中力の低下を始め、上記の症状がみられる方は黄色信号です。 是非とも食事やにんにく注射でビタミンB1を中心とした栄養補給を検討しましょう。


【にんにく注射によるビタミンB1の補給】
上記に食事やにんにく注射でビタミンB1を中心とした栄養補給をしましょうと記載しましたが、 以外にビタミンB1は食事による摂取が難しい栄養素と言えます。
まず熱を加える事によってこの栄養素は失われやすいのですが、 この栄養素を含んだ食物というのが、うなぎ、小麦胚芽など加熱して食べるものが主体です。
また日常生活でウナギや小麦胚芽を食生活に導入するのは金銭的にも、 手間的にも比較的面倒と言えます。
そこで当 新宿ライフクリニックのにんにく注射です。 当院のにんにく注射は10㎎のビタミンB1を内包しているので、 成人男性のビタミンB1の一日必要量のおおよそ5日分、 成人女性でおおよそ8日分にこれが相当し、 非常に効率の良いビタミンB1の補給に言えます。
また当院のにんにく注射は他院の表示と比較して頂くと分かりますが、 実は非常に良心的価格と言えます。 しかし良心価格では有りますが内容成分に関しては、 正規の薬剤卸から納入したものを内科専門医が運用していますので、 そのクオリティは非常に高いと言えます。
忙しいアーバンライフの補助に当院のにんにく注射をご利用下さいませ。


用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠