ニンニク注射のビタミンB1は全身の疲労感を改善する作用が有ります。



にんにく注射と全身倦怠感:general malaise の改善


【にんにく注射と全身倦怠感:general malaise 】
にんにく注射は滋養強壮に良いとされる保険外医療行為ですが、 その他の機能として栄養不足による慢性的な全身倦怠感:general malaise を改善させる作用が 有ると報告されています。
成人した方で全身倦怠感:general malaise を一切感じずに日々を暮らしている人は存在するのでしょうか? おそらく殆どの人はこうしたgeneral malaise を生活の所々で感じながらも、 がんばって仕事・家事など生活にいそしんでいるものと思われます。
しかし、ビタミンB1などの栄養摂取の不良がこうした、 general malaise などの自覚症状の発生に繋がる事をどれだけの人が知っているでしょうか?
現在の日本はまさに飽食の時代です。 食事は美味しい事がその価値の上で至上とされ、 ミシュランガイドやザガットサーベイなど様々な国際的美食ガイドブックにて、 東京のレストランが多数紹介されています。
しかし、こうした外食の「おいしさ」を賛美する本は腐るほどあれども、 こうしたレストランなどの外食店舗における栄養の偏りに関して記載してあるものはおよそ皆無です。 もちろん、「あのレストランのコースは栄養が偏っており、 長期的に食べると生活習慣病の発生のみらならず、 ビタミンB1などの必須栄養素の不足を原因としたgeneral malaise を覚えるようになる」 などど書いてある本があったら、 その対象のレストランに営業妨害として訴えられてしまう可能性が強いでしょう。
人間の味覚は本来、糖質と脂質とアミノ酸を中心に美味しいと感じるようにできています。 もともと野生の生き物であった文明黎明期前の人間にとって、 即時的エネルギーになるこれらの栄養素を美味しいと感じられる感覚は、 ロジカルな判断ができない頃の人間の生命をつなぐのに役立っていた時期があります。
しかし、今の日本、とくに都心部での生活はほぼ何時でも、 好きな味のものを、好きなだけだべる事が出来る様になってきました。 我々は「これしかないから、これを食べる」では無く、 「これが食べたいから、これを選んで食べる」というニュアンスで、 いくつかある選択肢から自分が好むものを選ぶことができます。
「好むもの」、これは言いかえれば「味が好きなもの」です。 つまり殆どの状況においては自分に必要な栄養素を取るというより、 自分の好きな味でお腹を満たす為に毎日選択を重ねている状況の方が多いです。
糖質と脂質とアミノ酸が豊富に含まれた食事を毎日取り続ける、 その結果、現在の日本では生活習慣病が爆発的に増えてきており、 また飽食の生活なのににんにく注射のメインの成分であるビタミンB1などの必須栄養素が、 相対的に不足するようになって来ています。
我々、人類の食事は文明の発達により、 その生命をつなぐための生理的行為であるという意義自体が希薄になり、 さまよい始めていると言えます。 栄養不足だけではありません、過剰なダイエットなども命をつなぐ食べるという行為が 「外観の美しさを求める気持ち」に凌駕されてしまった結果なのです。 また過剰な食糧生産は確実に環境を悪化させています。
今、人類に食事とは何か、栄養とは何かが問われ始めています。


【全身倦怠感:general malaiseとは】
にんにく注射のメインの成分であるビタミンB1の不足は、 全身倦怠感:general malaiseの原因になると上述しましたが、general malaiseとは何なのでしょうか?
全身倦怠感:general malaiseとは身体的、精神的に感じる自覚症状であり、 感覚的には「だるい」と表現されます。その原因には心因性つまり精神的因子から発するものと、 身体性のもの、つまり何らかの器質的原因から発するものに分かれます。
心因性のgeneral malaiseの原因の代表としては、 不安やうつ病などがあり、身体性のgeneral malaiseの原因の代表としては、 組織の低酸素、低血圧、老廃物の蓄積、ホルモン分泌の不全、 そしてにんにく注射のメイン成分であるビタミンB1等の不足などの低栄養が有ります。
にんにく注射のメイン成分であるビタミンB1の不足による低栄養は、 細胞レベルでの代謝活動の障害が原因と言え、 つまり細胞レベルからやってくるgeneral malaise、言わば「体の奥からやってくるだるさ」です。
general malaiseの原因の内訳としては30~40%が精神的疲労つまり心因性で、 その他、生理的な原因のgeneral malaiseが25%程度、 そして低栄養などの器質的疾患によるgeneral malaiseが30~40%程とされています。


【にんにく注射のメインの成分 ビタミンB1の必要量】
上記でにんにく注射のメインの成分、ビタミンB1の不足は、 軽度でもgeneral malaiseの原因になると説明しておりますが、 それでは、ビタミンB1はどのくらい摂取すれば良いのでしょうか?
にんにく注射のメイン成分、 ビタミンB1はチアミン塩酸塩の換算で1000kcal毎に0.45㎎必要とされており、 18~69歳の成人男性で一日あたり1.3~1.4mg、成人女性で一日あたり1.1㎎必要とされています。
このビタミンB1の体内貯蔵量はチアミン塩酸塩の換算で約30㎎程度しか無く、 18日間摂取せずにいるとビタミンB1欠乏の症状である、 全身倦怠感:general malaise、食欲低下、集中力欠如、頭痛、 不眠等の症状がみられるようになるとされています。
にんにく注射のメインの成分であるビタミンB1は、 小麦胚芽、玄米、ナッツ類、豆類、豚肉、レバー、うなぎ、卵等に多く含有されるとされていますが、 ビタミンB1は熱に不安定な物質なので加熱する事で殆どが失われてしまいます。 これらの食材で熱を加えずに食べれるものは殆どありません。 すなわち、ビタミンB1は食事で摂取するのが比較的難しい栄養素です。
そこで新宿ライフクリニックのにんにく注射です。 にんにく注射はこうした調理上の加熱などによるビタミンB1の消失などのロスなく、 重要な栄養素をダイレクトに体内に届ける事が出来ます。
忙しさが加速している仕事、意義を見失いつつある食文化、 こうした現代の都会生活のひずみ・歪みの補正に、 にんにく注射は非常に役立つ医療アイテムです。
食生活が偏っていて、慢性的なgeneral malaiseを感じている方、 ビタミンB1が不足している可能性が有ります。 ぜひ、当 新宿ライフクリニックのにんにく注射をお試し下さいませ。


用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠