ビタミンB1の不足は睡眠障害の原因になる事が有ります。



にんにく注射と不眠症の改善


【にんにく注射と不眠症】
ビタミンB1は滋養強壮で有名なにんにく注射の主な要素ですが、 このにんにく注射の主成分が体の中で足りなくなると不眠症の発生がみられると言われています。
不眠症は社会人になると非常に悩ましい日常の問題の一つですよね?
「あしたは集中力を要する仕事なのに、そんな時に限って眠れない…。」
「眠れない事に焦りを感じてさらに眠れなくなってきた!」
そして翌朝、眠気たっぷりでさえない頭で出勤。 だれしも覚えが有る状況ですよね?
うつ病など症候性に発生しているものはさておき、 悩みが有ったり、ストレスが有ったりという状況での不眠症の発生は、 とてもポピュラーなものです。 しかしなんと、栄養の障害でも不眠症は発生する事があるのです。
日頃、外食やコンビニのお弁当などで食事の殆どを賄う忙しい独身男性サラリーマン、 食事内容は糖質と脂質が過剰な内容になりがちです。 この上で、最近、休んでも疲れも取れないし、寝入りも悪い…。
こんな時はひょっとするとにんにく注射の主な要素であるビタミンB1が不足している可能性が有ります。
にんにく注射の主成分であるビタミンB1は軽度の不足でも、 全身倦怠感、食欲低下、易興奮性(興奮しやすいと言う意味になります)、 頭痛、そして不眠症がみられる事が有ると報告されています。
また、ビタミンB1は糖質の代謝に必要な栄養素で、労働量が増えている時、 つまり忙しい時には、その必要量が増加すると言われています。
すなわち栄養に無頓着で味の美味しい糖質・脂質ばかり取っている忙しいサラリーマンは、 潜在的にビタミンB1欠乏に至りやすいです。
「眠れないなら睡眠薬を飲めば良いじゃない?」そんな声も聞こえてきそうですが…、 皆さんはお医者さんの処方する睡眠薬の殆どが依存的傾向が有るのを知っていますか? しかも耐性もつきやすいので、1錠がいずれ2錠に、2錠がいずれ3錠と、 その要求量が増加しやすい傾向があり、 また長期連用している場合に中断すれば、痙攣や不安発作などの離脱症状が発生する事が有るのです。
睡眠薬は「どうしても眠れない」「他の方法が効果がない」「極々低頻度で」の使用が推奨されます。
つまりビタミンB1が不足しての不眠傾向がある人は、 にんにく注射などの投与やビタミンB1の豊富な食材の摂取が望まれるという事です。


【不眠症とは】
不眠症とは非常に頻用される言葉でありながら、 その実質はあまり把握されておらず、まつ睡眠薬などその場しのぎな治療がなされる事が多い、 実はあらゆる疾病の中でも非常に特徴的な存在です。
不眠症は睡眠障害に内包される概念であり、 その疾患定義は「生命の維持から社会生活まであらゆる活動に支障を来たす睡眠の障害を総称したもの」 です。
我が国ではおよそ5人に1人、米国では3人に1人が何らかの睡眠障害を持つと言われています。 つまり日本人では2500万人、アメリカに至っては1億400万人弱の患者がいる事になります。 ひょとすると不眠症は世界最大級の疾患規模の可能性が有ります。
じつはこの不眠症などの睡眠障害の種類はとても多くあり、 2005年発表のICSD-2では不眠症、睡眠時無呼吸症候群、中枢原性過眠症、概日リズム睡眠障害、 睡眠時随伴症、睡眠関連運動障害、単独症状、その他の項目からなっており、 またそれぞれの分類において八十を超す種類の障害が挙げられています。
睡眠障害といえば不眠症と捉えら得がちですが、 実は睡眠障害は非常に多様なものを内包した概念です。
上記に2500万人の日本人に不眠症など睡眠障害がみられると記載しましたが、 そのほとんどは「一過性の不眠」です。 これは一般成人人口の21.4%にみられるとされていて、 心配事や気がかりな事が原因で生じる入眠障害、中途覚醒の事です。 これは基本的に病的なものと考えられてません。
一方「慢性不眠症」とは、不眠自体を恐れる気持ちがベースにある慢性的な悪循環が基礎にあります。 実は中高年の実質的に夜間に眠れる時間は6~7時間と言われていますが、 寝具の中で過ごす時間がこれよりも大幅に長いと不眠症が発生します。 こうしたケースには生活指導も効果的です。
その他、不眠症の原因には周期性四肢運動障害という四肢の不随意運動が原因となって発生するものや、 むずむず脚症候群という就床と同時に脚のむずむずが発生するもの、 また概日リズム睡眠障害という体内時計のズレから発生するものも有ります。 その他、うつ病などの精神的疾患から由来する不眠症も有名ですね。


【にんにく注射の成分ビタミンB1の必要な量は?】
にんにく注射の成分ビタミンB1の不足は不眠症の原因になり得ると申し上げましたが、 それではビタミンB1はどのくらい体に必要なのでしょうか?
にんにく注射の成分であるビタミンB1は成人男性で1.3~1.4㎎/日、 女性で1.1mg/日が一日必要量です。 このにんにく注射の成分ビタミンB1は体内の貯蔵分も有りますが、 これは約30㎎とされていて、たった18日間摂取しなかっただけで、 不眠症などのビタミンB1欠乏による症状が出現するとされています。
「自分はビタミンB1が不足しているが為の不眠症かも?」という方、 それではビタミンB1の豊富な食生活をしましょう!といっても、 忙しい独身男性で料理のできない方は途方に暮れてしまうかもしれませんね。
そこで新宿ライフクリニックのにんにく注射です。 当院のにんにく注射は、新宿有数の良心価格の上に、 安心の内科専門医によるにんにく注射の投与です。 にんにく注射の対応日の10~20時まで昼休みなく、にんにく注射の投与が可能です。 また当院のにんにく注射投与のお時間は申込・お会計の時間を含めても平均10分以下です。 是非、ご気軽にいらっしゃって下さい!


用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠