ビタミンB1のきちんとした摂取で避けられる疾病が有ります。



にんにく注射と乳酸アシドーシス


【乳酸アシドーシスとにんにく注射】
にんにく注射は滋養強壮でとても有名な保険外医療項目ですが、 そんな、にんにく注射が予防する事ができる重症疾患がいくつかあります。 その中の一つがビタミンB1の絶対的欠乏による乳酸アシドーシスです。
日々の忙しい生活の中でキチンと栄養を考えた食生活を続けて行くのは結構大変ですよね? お家に専業主婦の方がいれば、まだ状況は良いのかも知れませんが、 特に一人暮らしの男性や共働きの家庭などに関しては、 コンビニやファーストフードなどが提供する、 安価で栄養学的に偏った食生活に依存しがちでは無いでしょうか?
この飽食の現代日本で!?とお思いになるかも知れませんが、 この日本は飢餓で悩むアジア・アフリカの国々とはまた別の意味合いでの、 富裕な国ならではの栄養障害が発生してきています。
我々の国における高度に発達した外食産業は、 特に都心部においては、時間を選ばずに、また大きな時間を取られずに、 安価で美味しい、自分好みの食事をとれるようにしてくれました。
しかしこれらは、長期慢性摂取にあたって栄養学的には問題の有るものも多く、 それらのほとんどは糖質と油の比重が非常に高い、 また内容的にバリアビリティに著しく欠けるもので、 悪い意味合いで非常に「シンプル」な食事になり勝ちです。
美味しいものでお腹が膨れれば、その場は宜しいかも知れません。 でもよくよく考えてみたら、最近休んでも休んでも疲れが抜けない…なんて体のサインが出てませんか? 慢性的にこうした食事を続ける事で、局所的な栄養障害を引き起こし、 自分でも知らない内に健康を損ねている事も有ります。
長期的に外食傾向が続いている上で、こうした体からのサインが出ている場合には、 要注意です!長期的に不良な栄養バランスの影響が体に出てきているのかも知れません。
栄養価は、伊達に設定されている訳では無く、 その種類によっては、その著しい欠乏が大きな健康障害を引き起こしたり、 疾病発生によって悪くすれば死に至る事も有り得ます。
そうした必須栄養素の代表格がにんにく注射の主成分のビタミンB1と言えます。 ビタミンB1は糖質の代謝に絶対欠かせない栄養素なのですが、 人間は自分の体でこれを合成が出来ないので、 どうしても食事やにんにく注射などの手段で外部から取り入れる必要が有ります。
このにんにく注射の主成分のビタミンB1は滋養強壮に効果的な栄養素ですが、 その著しい欠乏により、いくつかの危険な疾患を発症させる事が有ります。 その内の一つがビタミンB1欠乏による乳酸アシドーシスです。
本項ではこのビタミンB1欠乏により発生する乳酸アシドーシスと、 にんにく注射によるこうした状態の予防に関して記載しております。 ご参考にどうぞ。


【乳酸って何?】
ビタミンB1の絶対的欠乏によって乳酸アシドーシスが発症しうると説明しましたが、 この乳酸とはいったい何でしょうか?
これは体内に吸収された糖質の嫌気的解糖や筋肉の嫌気的収縮によって、 体内に発生する代謝物質の一つにです。
本来はこの乳酸は体内に過剰に蓄積される事なく、 代謝によって発生した乳酸は肝臓に運ばれて、肝臓内でまた糖質に還元されていき、 通常の健康状態ではあまり体内に蓄積される事は有りません。
その正常範囲は大人で4~16mg/dl程になるのですが、 これがその正常範囲を大幅に逸脱して体内に蓄積されると、 乳酸はもともと産生の代謝物なので、 体が大きく酸性に傾いていき、その結果として代謝性アシドーシスを引き起こします。 これを乳酸アシドーシスと呼びますが、乳酸アシドーシスは死亡率の高い状態になりますので、 乳酸アシドーシスと診断された場合、緊急入院の対象になる事が多いです。


【人間の酸塩基平衡と乳酸アシドーシス】
PHとは水素イオンの濃度の事なのですが、人間などの高等生物では、 このPHが割とタイトに設定されている事が多く、 人間の場合はPH7.4±0.05で恒常的にコントロールされています。 これを酸塩基平衡と呼びますが、 上記の乳酸アシドーシスはこれが著しく酸性側に傾く事で、 全身的に代謝を阻害して、 その結果として様々な全身的障害を引き起こす可能性が有ります。 乳酸アシドーシスにおいて、重症度の高いケースでは死亡する事も有り得ます。
なぜ大幅なビタミンB1欠乏でこうした乳酸アシドーシスになるのでしょうか?
にんにく注射の主成分であるビタミンB1の大幅な欠落が発生すると、 体内において糖質の正常な代謝が出来ずに、 副次的かつ原始的糖質代謝システムである嫌気的解糖がどんどん進行してしまう事によって、 肝臓の対応量をはるかに超えて乳酸が蓄積してしまうからなのです。

【乳酸アシドーシスの予防ににんにく注射をどうぞ】
なかなか現代社会で乳酸アシドーシスに至るまでに、 にんにく注射の主成分であるビタミンB1を絶対的に欠乏させるのは難しいものが有ります。
しかし糖質過剰、ビタミン欠乏の食生活傾向は若年男性を中心に増悪化の兆しが有り、 今後も外食産業の隆盛とともに増加していく可能性が危惧されています。
また、そこまでの絶対的なビタミンB1欠乏で無くとも、 その前段階、また前々段階にある人は多くいると予測され、 「休んでも休んでも、体の疲れが抜けない…」と言った不定愁訴の発生に繋がっている可能性が有ります。
にんにく注射で有名なビタミンB1は、調理上の損失、 また消化管からの吸収ロスが比較的多い栄養素と言われております。 その点、にんにく注射はビタミンB1をこれらのロス無く、 直接的に体に投与する事が出来ます。 ビタミンB1の性質を考えた場合、にんにく注射は理想的なビタミン摂取の形態と言えます。
食生活が偏りがちな方、休んでも休んでも疲れが抜けない方、 是非とも新宿ライフクリニックのにんにく注射をお試しください。 体の奥から疲れが抜けていく感覚、 是非にんにく注射で体感して見て下さいませ。


用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠