にんにく注射の投与時の疼痛の軽減に関して記載しております。



にんにく注射と針の痛みの軽減


【にんにく注射と針の痛み】
当院ではにんにく注射の投与時の痛みを軽減すべく、 様々な工夫がされております。
にんにく注射は滋養強壮で有名な保険外の医療メソッドです。 野球選手やサッカー選手などの激しい消耗を前提とするスポーツマン、 また昼夜問わず、市場動向を気にしていなければならないディーラーの方など、 厳しい肉体疲労が有り得る職種の方に人気の保険外治療です。
有名選手がやっているなど、耳に入る情報も多い為、最近つかれが取れないような方の中には、 「にんにく注射を打ってみたいな~」という方は多いと思われます。
しかし、いままでやった事のない医療メソッドをトライするのは少し勇気がいりますよね。 しかも、それが針を刺して行うものであれば猶更です。 医療に携わるようになり早や15年経過しておりますが、 未だに「刺されるのが好き」と言う患者様には有った事が有りません。
医療行為の中でも特に病院嫌いの方を病院から遠ざけているのが、 針などの穿刺行為です。
しかし、にんにく注射は栄養失調によって発症する脚気、ウェルニッケ脳症などを遠ざける他、 激しい消耗時の滋養強壮に良いとされ、 またその副作用に関しては非常に希薄とされる、効果と副作用の少なさに優れた良質な医療行為と言えます。
当院では、この素晴らしい治療方法を皆様に提供する為に、 また一人でも多くの患者さまに、にんにく注射を安心して提供すべく、 針の痛みの軽減に関して多角的に検討し、その対策を施行しております。
本稿では当新宿ライフクリニックのにんにく注射投与における針の痛みの軽減に関して、 その工夫を中心に記載させて頂いております。 どうぞご参照くださいませ。


【にんにく注射投与における針の痛みの軽減への工夫】
それでは当 新宿ライフクリニックの針の痛みの軽減への工夫に関してご紹介させて頂きます。 その工夫は大きく3種類に分かれます。 まず第一に投与する際の針を可能な限り細くしました。 そして第二に投与ボリュームをなるべく削減して、 針が入っている時間を出来る限り短くしています。 最後に第三として、針を刺す担当者に関してはスペシャリストを設定し、 針を刺す手技が未熟なものには一切これをさせていません。
①.針を細く:通常、採血や点滴などで使用される針の太さは18G ( G:ゲージと読みます。数が多い程、針が細くなって行きます。) から22Gほどのものを使用します。
特に採血の場合は22G以下のものを使用すると赤血球が崩壊して採血データが変化してしまうので、 若干太目の針でこれを行います。
また点滴などボリュームの大きい投与スタイルになると、 あんまり針が細いと投与時間が相対的に伸びてしまうので、 あまり細いものは使用する事が出来ません。
しかし、当然の事ながら針は太ければ太いほど、 刺した時の痛みは強くなって行きます。
そこで当 新宿ライフクリニックは、 にんにく注射の投与時においては23G以下の細い針しか使用しないように、 にんにく注射のシステムを全体的に構築しております。
これによって患者様の痛みは抜本的に軽減しております。
②.投与ボリュームの削減:上記しましたが、投与するボリュームが多いほど、 刺す針を太くしないと投与時間が遷延してしまう傾向が有ります。 すわなち投与するボリュームを削減できれば、 針も細いものが使用できますし、また針を刺し続けている時間も患者様にとっては、 不快な時間と思われますが、そうした時間も削減する事が出来ます。
施設によっては、特に生理学的に大きな意味なく生理食塩水などで、 にんにく注射の投与ボリュームを増量している場合が有りますが、 当院ではこれはやらず、 それによって患者様への余計なコストをおかけしておりません。
また投与ボリュームを抑える事によって上記のごとく、 針の刺さっている不快な時間を削減しつつ、痛みの少ない細い針の使用を可能としております。
③.スペシャリストが担当:にんにく注射投与における針の痛みに関しては、 これが最も大切かも知れません。 皆さんも覚えが有るかも知れませんね。 春先の大学病院などで成りたての研修医の先生にお注射をされた事が。
注射の技術はその適性も有りますが、 なんといっても、投与してきた経験数が大切です。 当院のにんにく注射担当には研修医の先生や新人看護師さんは一切入っておりません。 臨床経験歴15年以上の内科専門医もしくはそれに準じた経験者のみがその担当として編成されております。
内科専門医とは日本内科学会が認定する内科のスペシャリスト、 すなわち注射などの臨床技術のスペシャリストでもあります。
経験に裏打ちされた技術で、にんにく注射を「上手に」投与させて頂きます。


【にんにく注射におけるその他の工夫】
以上のように当 新宿ライフクリニックでは、 にんにく注射を受けたい患者様の痛みへのストレスを軽減すべく、 穿刺時の針の痛みの軽減に関して様々な工夫を施しております。
しかし、その工夫は針の痛みの軽減だけにとどまりません。 その他にも、インターネットで比べて頂くとわかると思われますが、 新宿ライフクリニックのにんにく注射は他院同様の成分にも関わらず、 非常に良心的な価格になっております。⇒価格表コチラ
この安さの理由を聞かれる方もいらっしゃいます。
当 新宿ライフクリニックは元々、ED.AGAなどの保険外診療にて新宿でも指折りのクリニックです。
にんにく注射に関しては、ED、AGAでご来院される患者様からのニーズが強かったので、 始めたという経緯もあり、 お疲れの皆様へのサービスとして他院に比較して低価格でやらさせてもらっている次第です。
しかし、その成分は投与してもらえばわかりますが、 勿論内容は他院で投与されているにんにく注射の内容と変わりません。 安いからと言って内容のグレードが下がるような事は全くありませんので、ご安心下さいませ!
みなさまには是非ともこの素晴らしい医療メソッドを体験して頂きたく存じます。 


用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠