ビタミンB1などの必須栄養素と末梢神経障害の関連について記載しております。



にんにく注射と栄養欠乏性多発ニューロパチー


【にんにく注射と栄養欠乏性多発ニューロパチー】
にんにく注射の主成分であるビタミンB1は必須栄養素と呼ばれる、 体外からの補給が前提となる栄養素ですが、 ビタミンB1などの重症な補酵素の不足により栄養欠乏性多発ニューロパチー、 つまり末梢神経の多発障害が発生する場合が有ります。
みなさんは栄養とはどのようなものと考えてますか? 体を元気にするものだったり、身長を伸ばしてくれたりと、 そうした前向きな効果が主に思い浮かぶのではないでしょうか? しかし、医学的に考えると栄養とは、もちろん体に活力を与えたり、 体を扶育してくれるものでもありますが、 むしろ補給しない事によって体に疾病などの弊害を与えるという、 補給の必要充分量が指定されている物質と言ったニュアンスの方が強いです。
しかし、こうした考え方は社会通念上はあまり一般的では無いと思われます。 昨今、「食育」という言葉を耳にしますが、こうした「食育」に期待されている医学的教育概念の中には、 「必要な栄養を疾病や障害の発生を予防するためにも充分量摂取しましょう」 といった医学的ニュアンスにのっとった栄養の考え方も内包されているようにも思われます。
つまり「食育」の推進において、 必要な栄養素を摂取しないと病気になってしまうかも知れないといった概念は、 教育によって啓蒙を進めなければならないレベルにあると言うことも一部示唆していると思われ、 ひょっとすると現代日本の人々にとって食事とは、 命をつなぐものと言う概念から、日々の享楽の為のものに、 その概念の基軸がシフトして来ているような気すらいたします。
しかし、外食産業・ケータリング・テイクアウトと、 味・量・値段重視の食糧産業が非常に一般化している先進国の現状においては、 今一度、個人個人において食事・栄養と疾病の予防との間の関係性について、 認識する必要があるとも思われます。
例えば、にんにく注射の主成分であるビタミンB1などの必須栄養素の中には、 不足する事で末梢神経の障害、栄養欠乏性多発ニューロパチーを引き起こす場合が有ります。 本稿では、こうした必須栄養素の不足による神経障害に関して記載しております。ご参照くださいませ。


【ニューロパチーとは】
栄養欠乏性多発ニューロパチーのニューロパチーとはどのような意味なのでしょうか? このニューロパチー:neuropathyとは古典的には包括的な神経系の障害に関して表現された言葉でしたが、 現代医学においてはおおよそ末梢に限局された神経の障害を示す言葉です。
この病態の原因には遺伝、外傷、中毒、代謝異常、炎症、虚血、感染など さまざまなものが有りますが、 栄養欠乏性多発ニューロパチーの場合は、 必須栄養素の不足による代謝障害が原因で発生するものなので、 上記の分類上は代謝異常のカテゴリーに内包されます。
ニューロパチーの症状には運動障害・感覚障害・自律神経障害と三つの神経のダメージが主体としてあり、 これが障害される事によって深部反射や筋緊張が低下します。 こうしたダメージの発症様式としては亜急性から慢性のものまでバリエーションも多く、 なかには再発性の経過を示すものも有ります。
障害の分布範囲からはモノ、マルチ、ポリと大きく三分類ありますが、 栄養欠乏性多発ニューロパチーはポリに所属します。
これらに対しての臨床検査としては神経伝導速度などでその速度の遅延、 また振幅の低下、また伝導ブロックなどが確認されます。


【栄養欠乏性多発ニューロパチーの内容と種類について】
それでは栄養欠乏性多発ニューロパチーはどのようなニューロパチーなのでしょうか?
上記したように栄養欠乏性多発ニューロパチーは、 栄養素の不足による代謝異常から発症するポリニューロパチーです。
この状態の原因としてはもちろん、 食事による必須栄養素の供給が不十分である事や、 その他として栄養素の体内への吸収障害、また体内での利用障害、 また体内での栄養素の需要増加なども原因になり得ます。
それでは栄養欠乏性多発ニューロパチーのバリエーションにはどのようなものがあるのでしょうか?
まずはにんにく注射の主成分であるビタミンB1の不足によるものとして有名な脚気が有ります。 その他、ナイアシン欠乏によるペラグラ、 リボフラビンやにんにく注射の主成分であるビタミンB1の欠乏によるストラチャン症候群、 ビタミンB6不足による薬剤性ニューロパチー、 ビタミンB12不足による亜急性連合性脊髄炎に伴うものなど、 多数のバリエーションが栄養欠乏性多発ニューロパチーには有ります。
ナイアシンとはビタミンBの複合体の事であり、リボフラビンとはビタミンB2の事です。
実は、このビタミンB1のみならず、ビタミンB2、ビタミンB6、 ビタミンB12は当新宿ライフクリニックのにんにく注射で補給できる必須栄養素になります。


【にんにく注射で予防できるニューロパチー】
上記した通り、当院のにんにく注射でビタミンB1、 スーパーにんにく注射でビタミンB1・B2・B6、 プレミアにんにく注射でビタミンB1・B2・B6・ビタミンB12と補給する事が出来ます。
つまりプレミアにんにく注射の定期的摂取を施行すれば、 上記の脚気、ストラチャン症候群、ビタミンB6不足による薬剤性ニューロパチーや 亜急性連合性脊髄炎に伴う障害など、 上記のほとんどの栄養欠乏性多発ニューロパチーを予防的に防ぐ事が出来ます。
忙しい都会生活の中、栄養面でのご心配があり、かつ日常生活に活気を取り戻したい方、 当院のにんにく注射をぜひお試しください。
当院のにんにく注射は新宿での指折りの良心価格であなたをお待ちしております。


用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠