必須栄養素とそれが足りない事によって発生する病気に関して記載しております。



にんにく注射と地方病性汎神経炎


【地方病性汎神経炎とにんにく注射】
地方病性汎神経炎はにんにく注射 のメインの内容であるビタミンB1の不足によって、 発症する神経障害性疾患の一つです。 本稿では地方病性汎神経炎とにんにく注射の関連に関して記載しております。
にんにく注射は非常に有名な保険外治療の一つと言えます。 主に芸能人やスポーツ選手、また忙しい外資系金融のサラリーマンなどを中心ににんにく注射一般化が進み、 いまやにんにく注射は滋養強壮に関わる保険外診療の代名詞とも言えます。
つまり、にんにく注射を求める人のニーズは「つかれを取りたい」「元気になりたい」 というものが主体になります。 しかし、このにんにく注射という保険外診療がもつ優れた特性というのは、 こういった滋養強壮だけにはとどまりません。
このにんにく注射には栄養障害をベースとして発症する様々な疾病を予防する作用も有るのです。
今回、ご紹介させて頂く地方病性汎神経炎も、 またそうしたにんにく注射が予防する事ができる数多の疾病の一つになります。
飽食の日本ではあまりピンとこないかも知れませんが、 いまだ世界中においては、必須栄養素の不足を原因とした疾病の発生や死亡例は大きな問題と言えます。 とくに発展途上の国々では重労働に対して摂取栄養における糖質の比重の非常が高く、 また総合的に食生活における栄養価が低いので、 その結果、栄養障害による様々な疾病を引き起こし、 未だに社会的な解決が望まれる中心的な問題となっております。
しかしその日本においても必須栄養素の不足は、 発展途上の国々とは別の形で、市民の健康面に悪影響を及ぼしている可能性が有り、 日本人における外食比重の高い国民性は、 長期慢性における潜在的な栄養障害を引き起こしてしまう可能性が危惧されます。
休んでも取れない疲れ、集中力の低下など、また不眠などの発生の原因には、 にんにく注射のメインの内容であるビタミンB1の欠乏が関連しているケースは少なく有りません。
本稿ではにんにく注射の主な役割である疲労の改善、不定愁訴の改善、 また特に疾病に関してはその予防にスポットを当てて、 地方病性汎神経炎の話を主軸に必須栄養素の摂取の大切さに関して記載させて頂いております。 どうぞご参照くださいませ。


【地方病性汎神経炎とは】
地方病性汎神経炎とは、地方という字がついている通り、 地方病つまり風土病の一つとも言える疾患です。
地方病とは一地方あるいはいくつかの地方に限局して長期間にわたって 多発、蔓延する疾病の事を表現しています。
この地方病性汎神経炎は実は我々、米が主食のアジア系民族に多い地方病の一つで、 その症状は神経障害を主訴とした疾患です。
地方病性汎神経炎の地方はつまり米が主食のアジア全域を示す言葉とも言えます。 米が主食の民族の分布は、代表的には日本、韓国、北朝鮮、中国などの東アジアから、 マレーシア・インドネシアなど東南アジア等になります。
実はこの疾患はにんにく注射のメインの内容であるビタミンB1の欠乏にその原因が由来しており、 米が主食の民族には基本的にビタミンB1が欠乏しやすい傾向があると考えられています。
実はにんにく注射のメインの内容であるビタミンB1は糖質の代謝に必須の補酵素になりますが、 米が主食の民族は米、すなわち糖質の摂取比重が高い代わりに、 貧困などの因子の付加によって、その他の栄養素の摂取が比較的低下しやすい傾向がある為、 糖質の代謝でビタミンB1が消費されやすい一方で、 その補給がされにくい状況になりやすい事態になりやすいと考えられています。
これも米という、作業労務に対しての収穫量が多い、 優れた主食を手にしたアジア系だからこその事態であり、 米による絶大なメリットに隠れたデメリットの一つとも言えます。
季節的には夏季、特に重労働者はにんにく注射のメイン内容であるビタミンB1の消費量が増加している為、 地方病性汎神経炎を発症しやすい傾向が有ります。
地方病性汎神経炎の主な症状は下肢優位の感覚神経ならびに運動神経の障害になります。 特に運動神経の障害は労働から日常生活に至るまで悪影響を及ぼしかねません。
地方病性汎神経炎の病理所見に関しては、これは神経の軸索と言って、 神経細胞体から遠心性に活動情報を送る重要な突起に対して、 変性による障害が引き起こされます。 この変性がまさにこの地方病性汎神経炎の感覚神経障害ならびに、 運動神経障害の病理学的原因と言えます。


【にんにく注射で疾病予防】
にんにく注射は滋養強壮・不定愁訴の改善に良いばかりでなく、 地方病性汎神経炎のような疾病の予防にも役立ちます。
にんにく注射のメインの内容であるビタミンB1は、 それを内包する食材が結構限定されるばかりか、 ビタミンB1自体が熱を加える事によって失活しやすいという、 食材から取り入れる事が比較的難しい栄養素とも言えます。
しかし上記の通り、ビタミンB1は摂取せねば、大きな疾病の発生にも関わる重要な栄養素です。
そこで新宿ライフクリニックのにんにく注射です。 当院は内科のプロフェッショナルである内科専門医が、 にんにく注射投与させて頂く、にんにく注射の本格派クリニックです。
当院のにんにく注射は新宿指折りの低価格ながら、 内容のクオリティに関しては最高のものをご用意しております。
当院のにんにく注射であれば、約1週間分のビタミンB1の必要量を5分足らずで補給する事が出来ます。 忙しい都会生活の合間に、ぜひ新宿ライフクリニックのにんにく注射をお試し下さい。 実感できる滋養強壮力を貴方に。


用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠