ニンニク注射が補給するビタミンB1の不足で、様々な疾患が引き起こされます。



にんにく注射とビタミン欠乏


【にんにく注射とビタミン欠乏症】
にんにく注射が補給するビタミンB1は、 滋養強壮で有名な医薬有効成分になりますが、こうした必須栄養素の本質的欠乏は、 ビタミン欠乏症を招き、その結果、様々な疾患の発生を招いてしまう事が有ります。
実はにんにく注射はビタミンB1を豊富に含んでおり、滋養強壮に望ましいだけでなく、 この必須栄養素の不足で発症するウェルニッケ脳症や脚気などの恐ろしい疾患の予防にもなるんです。
にんにく注射とは、主に滋養強壮目的で知られる保険外の医療メソッドになります。 有名なアスリートなど、スポーツ選手がその効果に注目して愛用している他、 金融業などの過酷なビジネスワーカーもよく利用しています。
このにんにく注射とは、主体としてはビタミンB1の補給が中心になりますが、 こうした必須栄養素はそのほとんどが体内で合成できず、 外部から摂取する必要があります。
それでは偏った食事などでこれら必須栄養素が抜本的に欠乏した場合、 どのような事になってしまうのでしょうか?
こうしたビタミン欠乏症は二次的に様々な疾患の発生を招き、 その中には後遺症を残してしまうようなケースも有ります。
ファーストフードやコンビニエンスストアなど便利かつそこそこ美味しい、 近代の食料供給システムは、基本的には1に値段、2に味、3にボリュームと、 商業的原則にある意味で拘束されており、 栄養学的に優れている事や、疾病の発生予防に重点が置かれる事を第一義として掲げている事は、 非常にまれと思われます。
しかし自炊をしない独身男性に特に言える事ですが、 都会生活で、かつシビアなワークスタイルで日々を過ごしている成人に置いては、 こうした食料供給システムへの依存度が非常に高く、 そのつもりは無くとも偏食的環境に長期間その身をおいてしまう事が多いように思われます。
この飽食日本においては冗談のようなお話ですが、 偏ったダイエットや上記のような都心のハードワーカーにおいては、 限局的な栄養素の不足による栄養失調が危惧されています。
本稿ではこうした、ある意味での栄養失調たるビタミン欠乏症と、 にんにく注射が予防できる様々な疾病に関して記載しております。


【ビタミン欠乏症の種類】
ビタミン欠乏症は、その必須栄養素の種類だけバリエーションが有ると言っても過言ではないと思われます。
「今どきビタミン欠乏もないものだ・・・」そう思われる方もいらっしゃると思います。 しかし外食偏重の現代日本においては、典型的かつ極端なビタミン欠乏症は少なくなって来ているものの、 これら必須栄養素の血中濃度が相対的に低下している潜在的欠乏症は存在しており、 慢性的なだるさなどの不定愁訴の発生に一役買っているとされています。
「休んでも休んでも体の疲れが取れない・・・」こんな状態が慢性的につづいている方は、 ひょっとすると、これら必須栄養素の潜在的欠乏症なのかも知れません。
ビタミンAの欠乏症には眼球乾燥症や夜盲症など、 B1の欠乏症には多発性末梢神経障害、ウェルニッケ脳症、心不全を伴う脚気など、 B2の欠乏には口角炎、舌炎など、 B6の欠乏には低色素性小球性貧血、多発性末梢神経炎など、 B12の欠乏には悪性貧血など、 Cの欠乏にはメラー病、壊血病など、
ざっと一部を紹介させていただきましたが、こうした疾患が各種必須栄養素の欠乏症に対して、 二次的に発生すると報告されています。
普段何気なくとっている必須栄養素の重要性をおわかり頂けたのではないでしょうか?


【にんにく注射で予防できるウェルニッケ脳症とは】
ビタミンB1の補給注射であるにんにく注射は上記のウェルニッケ脳症の予防にもなります。
ウェルニッケ脳症とは脳の視床・視床下部・乳頭体・中脳周囲の灰白質・第四脳室の底部・小脳虫部などに、 不完全壊死などを引き起こす恐ろしい疾患で、 これら脳の各所の障害により、眼筋麻痺、健忘症などが自覚症状として発生します。
このウェルニッケ脳症の原因はビタミンB1欠乏なので、ビタミンB1が含有された食品の摂取に気をつけたり、 にんにく注射を適宜投与したりしている状況においては、発症の予防が出来ます。


【にんにく注射で予防できる脚気とは】
脚気は大正時代には国民病とされるほど、頻繁にみられた病態です。 脚気もまたビタミンB1欠乏により発症する疾患なので、 ビタミンB1の補給注射であるにんにく注射によって予防する事が出来ます。
脚気は現在では偏食者やアルコール常習者、高カロリー輸液を長期間受けている方などに、 みられる事が有ります。
脚気は循環器障害による浮腫やショック、多発神経障害による感覚異常や運動異常など多岐に渡る症状が、 発生する恐ろしい疾患ですが、 初期症状は全身の倦怠感や食欲不振など、我々の日常生活にも思い当たるような不定愁訴が主体です。
ひょっとしたら、皆さんが慢性的に感じている全身倦怠感や食欲不振の中には、 初期症状の脚気が潜在しているかも知れません。


【ビタミン欠乏症の予防】
ビタミンの重要性はお分かり頂けたかと存じます。
しかし、そうは言っても、ハードワーカーの中には、 止む無く食事の時間を削減して働いているような人も多く、 栄養学的に優れた食事を取りたくても取れない事情の方も多いかと思われます。
特にビタミンはその種類によっては調理による損失分があるのと、 また消化管からの吸収効率の関係もあり、 どうしても相対的摂取量が減り気味になってしまうものが有ります。 特にビタミンB1にその傾向が有ると言われています。
新宿ライフクリニックのにんにく注射プログラムは、 こうした取りたくても取りにくいビタミンに着目し、安全性が高く、 短時間で効率の良いビタミン摂取を確立させた優れた栄養治療になります。
例えば上記でご紹介させていただいた、 様々な疾病の原因になるビタミン欠乏症ですが、 プレミアにんにく注射なら、この殆どを予防的する事が出来ます。
長期に渡る偏食に心当たりの有る方、また慢性的な全身倦怠感や取れない疲れをご自覚の方、 ぜひ新宿ライフクリニックのにんにく注射シリーズをお試し下さいませ。


用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠