ライディッヒ細胞の説明



ライディッヒ細胞の機能と役割


【ライディッヒ細胞とは】
ライディッヒ細胞は精巣のホルモン分泌細胞になります。 ライディッヒ細胞は男性の睾丸にある精巣の間質にある細胞の一つで、内分泌細胞に分類されます。 内分泌細胞とは内分泌すなわち生体内部の調整等を目的としてホルモンなどを分泌する細胞になります。 ライディッヒ細胞は主に男性の性ステロイドホルモンの主体であるテストステロンを産生します。 他にもライディッヒ細胞は少量ながら女性ホルモンとして女性の中で機能するエストロゲンなども産生しております。


【ライディッヒ細胞の障害】
男性ホルモン主体の内分泌細胞であるライディッヒ細胞の障害は早発であれば、 男性的な二次性徴(ひげ等の体毛の増加、筋骨の成長)の障害などのある意味で形態学的な障害を惹起します。 ライディッヒ細胞の障害が晩発の場合は、 男性ホルモンの分泌低下によってED/勃起不全などの機能障害を症状とする男性更年期障害を惹起します。 男性更年期障害は最近認知が広がっている中高年男性に男性ホルモンの分泌低下に伴う症状を惹起する疾患です。 ライディッヒ細胞からのテストステロンの経年的分泌低下が主因とされています。 こうしたライディッヒ細胞からのテストステロン分泌低下に対して、 最近では男性ホルモン補充療法による加療が一部の医療施設で行われ始めてます。


written by 新宿でバイアグラの処方を.

用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠