前立腺全摘徐術においてロボットを使用する事で勃起機能の回復が早くなると報告されています。



ロボット支援手術による術後EDの改善

新宿でバイアグラ ジェネリックなら、新宿ライフクリニック!


【ロボット支援手術と術後ED】
ロボット支援手術による前立腺全摘除では、 侵襲性が低い事、また手術視野を10倍以上に拡大して実施できる事から、 勃起に関連した重要な神経などを損傷する可能性が従来の方法より低く、 術後のEDの改善、すなわち手術後の勃起機能の回復が従来の方法よりも有意に早かったと報告されています。
医療は生理学、生化学、そして工学の集合的な結晶であり、 これらの進歩とともに、その発達が重ねられてきました。 今世紀の医学は再生医療などのバイオと、ロボットなどの医用工学の時代と認識されています。
こうした医療技術の発達が、交通事故よりも戦争よりも人を殺している、 いまや人類の宿敵とも言える「癌」を人類の英知によってねじ伏せる時代が近づいてきています。
そうした期待に満ちたロボットを使用もしくは併用した新しい外科手術は、 整形外科領域、消化器外科領域、また今回の主題の泌尿器科領域での実用化が顕著に進んできています。
今回、ご紹介させていただくロボット支援手術は、今まで人間の「手」で患部を取り除いていたものを、 人間のコントロール下にロボットアームなどのデバイスを併用する事で行われるもので、 前立腺癌の標準術式である前立腺全摘除術に使用されています。
前立腺癌は欧米では癌死亡者の上位を占め、 その発生頻度は乳製品の豊富な食生活など、 欧米型食生活にある程度の関連があると報告されており、 戦後から食生活の欧米化が著しい本邦においても、その発生頻度は急激に上昇してきております。
前立腺癌は悪性新生物なので、その治療においては、もちろん生命の維持が第一義になります。 そして生命の維持が可能となった段階においてはQOL=生活の質が主題になってきます。
セックスは人間の本能的欲求に深く根差した生理的行為であり、 夫婦などのパートナーシップにおいては、心をつなぎ合う大切なものです。 ED/勃起不全などが原因となりセックスが出来なくなる、 こうした状況は著しくQOLを低下させるとも報告されております。
ロボット支援手術を応用した前立腺全摘徐術はこうした術後のEDを改善させる可能性が期待されています。 本項では術後EDに関して、 またロボット支援手術に関して、 またロボット支援手術による術後EDの改善の報告などに関してなど記載しております。 ご参照くださいませ。


【術後EDとは】
術後EDとは、読んで字のごとく手術後に発生するED/勃起不全の事になります。
術後EDの原因となる手術は数多くありますが、 中でも泌尿生殖器関連の手術は高率に勃起機能に悪影響を与え、 術後EDを発生させやすいものと認識されています。
中でも前立腺に対する処置はこれら泌尿器科領域の処置の中でも術後EDの発生率が特に高く、 これは前立腺周辺に勃起に関連する重要な神経・血管が走行しており、 これが前立腺に対する処置の際に損傷されてしまう事が原因と考えられています。
前立腺癌の頻度上昇に従い、この術後EDの発生頻度も増加傾向であり、 近年、この術後EDをどのようにマネジメントしていくかは、 泌尿器学会、また性機能学会の中心議題の一つになっています。
現在、術後EDの改善に関して、検討もしくは実用されている対策は大きく分けて二つあり、 一つは如何に勃起に関連のあるシステムを温存するかであり、 もう一つは術後早々に他の身体器官同様に勃起に関してのリハビリテ―ションを施行すべきである。 というものになります。
今回ご紹介するロボット支援手術による術後EDの改善は、 前者に属するもので、ロボット支援手術を応用する事で、 より勃起に関連したシステムへの手術的悪影響を削減できる可能性が期待されています。


【ロボット支援手術とは】
ロボット支援手術という言葉は人間が介在せず、 ロボットが自律的に手術をするようなイメージを惹起させますが、 残念ですが、そこまでは人類の技術は発達していません。
このロボット支援手術という言葉はロボットアームとカメラを使用する事で、 施行される手術の事を示しています。
この処置の利点は、人間の大きな手を入れる空間を術野に作成しなくても良い事、 また患部を拡大して画面上で見る事が出来るので、 今まで以上に患部とそうでない健常部を判別しやすく、 結果、限りなく患部のみを切除しやすくなった事、挙げられます
大きな術野を形成しなくて済むと言う事は、大きな切開を必要としないという事で、 手術による侵襲や炎症の程度を下げる事が出来るばかりか、 術後の回復も早める事が出来ます。
患部とそうでない部分をより細かく判別できると言う事は、 今まで肉眼でより分ける事の出来なかった、 細かい神経や脈管を保全しながら処置を進める事が出来るようになります。
術後EDの発生には術後の侵襲や炎症自体の影響も、 また微細な脈管や神経の損傷も関わるとされています。 ロボット支援手術にはこれらの回避による術後EDの改善が期待されています。


【ロボット支援手術による術後EDの改善の報告】
この報告はロボット支援前立腺全摘徐術と、 従来の方法である恥骨後式前立腺全摘徐術における、 術後ED、すなわち術後の勃起機能の改善を時系列的に追跡し、 この両者の術後EDに与える影響を評価したものになります。
その結果、従来の方法においては術後1年、2年の性効可能率が14.3%、18%に対して、 ロボット支援手術の方では、27.5%、46.7%とほぼ2倍に及ぶ術後EDの改善を見たとの事でした。
また従来の方法では9例の症例において術後、性交可能となるまでの 期間が平均11ヶ月かかったのに対して、ロボット支援手術の方では、 平均6ヶ月と性交可能となるまでの期間も大幅に短縮されたとも報告されています。


【今後の術後ED】
今回は、ロボット支援手術による術後EDの改善という、 手技に関連したテクノロジーの発達による術後EDの改善に関して記載させていただきましたが、 一方の画像診断などの術前の検査の発達もまた術後EDの改善に寄与する可能性が有ります。
画像技術はまさに日進月歩の勢いで発達を重ねており、 いずれは今以上に高精度な三次元画像の元に、 患部と非患部の判別精度が更も上がる事が期待されています。
こうしたデータと実際に手術をするデバイスがダイレクトにリンクする事で、 非患部の保全技術が今以上に進む可能性が大いに有ります。
こうした画像と処置デバイスのダイレクトリンクした技術はコンピューター外科と呼ばれており、 整形外科や心臓血管外科などで現在、応用が検討されています。
こうした別の系統の技術の発達もまた、 術後EDの改善に貢献する可能性が有り、 今後の報告に大きな期待が寄せられます。
(記載:日本性機能学会専門医-須田隆興)


written by 新宿でレビトラ購入なら、新宿ライフクリニック.

用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠