アンドロゲンの補充で高齢者の意欲が改善し、寝たきりの予防に成功したという報告が有ります。



老人の意欲改善と男性ホルモン補充療法

バイアグラを新宿で、新宿ライフクリニック。


【老人の意欲改善と男性ホルモンの補充療法】
老人の意欲改善に男性ホルモン補充療法(テストステロンエナント酸エステルの筋肉注射) が効果を示し、その結果、寝たきりの予防に成功したと報告がされています。
日本は現在、未曾有の超高齢化社会に突入しており、 これは医療技術や衛生状態の進歩に伴う、 平均寿命の延伸化によって為し得た陽性の側面と、 出生率の低下に伴う少子化という陰性の側面の両輪によってなされた、 先進国ならではの社会的問題と言えます。
65歳以上の高齢者人口は総人口に対して20%弱、 総数で2000万人ほどこの日本に居住しており、 この割合、また総数は、年々増加傾向にあると報告されています。
高齢者人口が増えれば、その中における要介護、 つまり寝たきりの老人はほぼ一定の割合で増加するものであり、 高齢者が寝たきりになると言う事は、介護者の確保など人件的問題、 また医療費の増大など経済的問題等、 連鎖した種々の問題を惹起させてしまいます。
ただでさえ労働人口が減少している本邦の状況下で、 介護者として人がとられてしまう事はこの国をさらに弱体化させてしまう可能性が有り、 また医療費は年々国庫を圧迫して来ていますが、 寝たきりの老人の増加によって、医療経済的問題が増悪化しうる事は、 すでに認知され、危惧される社会テーマとも言えます。
ゆえに寝たきりを予防する方策とは、 国の労働や経済的問題とリンクした非常に重要な社会的テーマであり、 かつ医療的な問題であると考えられます。
寝たきりの予防とは、医学的には今までハードウェアすなわち、 肉体における筋力の維持や関節可動域の維持など、 理学療法的な領域が主体であったと言えますが、 ソフトウェアすなわち意欲の改善など精神面に関しての補助は若干置いてきぼりになるケースが、 散見されておりました。
意欲の改善とは言葉一つとっても非常に難しいテーマであり、 それは楽しい趣味や気の置けない友人の存在など、 QOLを高める様々な要因が密接に関わります。
その他、意欲の改善には医学的な要素として加齢に伴う男性ホルモン分泌の変化が、 大きく関連する所が認識されております。
本稿では男性ホルモン補充療法によって老人の意欲が改善し、 寝たきりの予防に成功したという報告を中心に、 「男性ホルモン補充療法とは」、また「今後の老人の寝たきりを予防する為に」 というテーマで記載させて頂いております。 どうぞ、ご参照くださいませ。


【男性ホルモン補充療法の効果とは】
男性ホルモンは加齢とともにその分泌量が低下していく傾向が有り、 男性の老人においては男性ホルモンの低下に伴う様々な自覚症状が経年的に出現します。 これを加齢性性腺機能低下症候群と呼びます。 加齢性性腺機能低下症候群は多種様々な症状を惹起する傾向が有り、 中でも意欲の低下など精神面の影響が報告されています。
これは言うならば、楽しい趣味も有り、気の置けない友人などもいて、 人生が充実している人でも、男性ホルモンの相対的低下によって意欲が低下してしまい、 人生の充実感を感じられないという人がいるという事です。
こうした内分泌性の意欲の低下は、実生活の充実とは関係が無い、 あくまでホルモンの相対的低下によるものなので、 その解決には医学的な介入が原因への対処と言えます。
こうした加齢性性腺機能低下症候群の原因治療と認識され始めているのが、 男性ホルモン補充療法です。この治療方法はもともとは、 先天的に男性ホルモン分泌が障害されている患者さんなどが主体となって投与されていましたが、 加齢性性腺機能低下症候群という疾患概念の一般化に応じて、 同疾患に対しての標準的治療と成りつつあります。
しかし一切の問題が無い、「夢の治療方法」という訳にはいかず、 男性ホルモンの存在下に、 その病状が増悪しうる男性ホルモン感受性腫瘍などの増悪に関わる可能性も否定しきれない状況です。
とくに前立腺癌などはそうした傾向が示唆されている上に、 加齢に応じてその発症頻度が上昇しやすい疾患である事も有り、 高齢者における男性ホルモン補充療法の適応に慎重であるべきという方針を付加している、 大きな要因の一つと言えます。


【男性ホルモン補充療法による老人の意欲改善の報告】
この報告は89歳の認知症を持つ男性が意欲の低下に伴う、 食事量の低下、また臥床時間の延長化、 すなわち寝たきりのベクトルにライフスタイルが進んでいる状況において、 テストステロンエナント酸エステルを2週に一回投与した、 すなわち男性ホルモン補充療法を施行したという内容になります。
男性ホルモン補充療法の開始2週間目にして摂食量が2-3割から7-8割に改善し、 さらに治療開始2か月目には自立歩行可能まで日常生活動作が改善したとの事でした。 また当初はあまり参加が見られなかったレクリエーションなどへの参加も増加し、 発語もそれに伴い増えたと言う事でした。


【老人の意欲と今後の寝たきりへの対策】
もちろん、上記の報告における意欲の改善が、 男性ホルモン補充療法だけによってなし得たという訳では無いと思います。 ホームの職員の献身的なアプローチや家族の援助など、 人的な環境なくして、これだけの改善が見られたとは考えにくいものが有ります。
上記しましたが、いままで老人の寝たきり予防というアプローチにはソフトウェアすなわち、 いかに意欲を改善させるかというアプローチが希薄だったと思われます。 そうした意味合いで、男性ホルモン補充療法など老人の意欲を改善させようと施行される、 医学的アプローチの萌芽は大変望ましいと言えます。
こうした医学的アプローチに合わせて、 周囲の人間がいかにその高齢者の方の意欲を上げて行くかという問題提起に伴う、 暖かな行動、また献身的なリハビリテーションなどの理学療法、 こうしたそれぞれのアプローチの集学的な連動が、 あるいはこの「寝たきり」という社会問題を解決していく鍵なのかも知れません。


written by 新宿でしありすなら、新宿ライフクリニック.

用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠