3D-CTによる血管の解析で静脈などを原因としたED発症の予測が出来る可能性が有ります。



三次元CTと血管性ED

バイアグラ ジェネリック処方を新宿で!新宿ライフクリニック!


【三次元CTと血管性ED】
三次元CTによる勃起そして陰茎に関連する動脈や静脈などの血管を十分に解析する事で、 難治の勃起不全である血管性ED発症の予測が出来る可能性が有ります。
EDは主に生活習慣病や加齢を背景に発症する機能障害であり、 昨今のバイアグラ、レビトラシアリス、 シルデナフィルなどのPDE5阻害薬の一般化とともに、 勃起不全の具体的な治療をうける患者数がどんどん増大してきております。
こうした状況の一因にはこれらPDE5阻害薬が誕生する前のEDに対しての改善治療の有効率が、 低かった事も有りますが、 それ以上にバイアグラ、レビトラ、シアリス、 シルデナフィルの安全性の高さと、 勃起不全に対する改善効果の高さに関して、良いバランスが取れていた事も非常に大きいと思われます。
しかし、勃起不全の中にはこれらPDE5阻害薬をもってしても、 あまり改善反応が得られない難治のものが存在しており、 それらは血管や神経などの機能的問題ではなく、それらの構造的な問題を含んでいるものが有ります。 血管性EDはそうした構造的な問題に属する勃起不全であり、 血管性EDとはその名の通り勃起や陰茎に関連した血管の機構的な問題から発症する疾患と言えます。
血管性EDは機能的問題では無く、血管の障害に基づく構造的問題から発生するものなので、 機能的問題を主体として改善する、 バイアグラ、レビトラ、シアリス、シルデナフィルなどのPDE5阻害薬が作用しにくい傾向があり、 勃起不全の中では比較的難治のものと認識されています。
本稿ではこの難治になりやすい血管性EDを勃起機構に絡めて説明しつつ、 この三次元CTによる血管性EDの検査報告のご紹介、 ならびに今後のED診断と治療に関して記載しております。ご参照くださいませ。


【勃起機構と血管性ED】
勃起機構とはつまり陰茎怒張の仕組みの事になります。 まずセクシャルな刺激から主に自律神経が興奮を各関連システムに伝達し、 その結果として海綿体神経の末端から、 勃起の成立に関連する血管平滑筋の緊張を緩める神経伝達物質が放出されます。
それによって動脈は拡張していき、海綿体に流入する血液量が増大していき、 海綿体は血液をストックする事で膨張を始め、 膨張する海綿体と白膜に挟まれた圧力から静脈が閉塞する事で、 海綿体からの血液の流出を防ぎ、 結果として海綿体内に血液がストックされます。 これによって陰茎は怒張して硬度を増し、膣内への挿入が可能になるという訳なのです。
つまり海綿体に血液を運ぶためには動脈が弛緩拡張する必要が有り、 また海綿体に血液をストックして勃起の硬度を保つためには、 静脈が閉塞して血液の海綿体からの流出を防ぐ必要があるのです。
しかるに血管性EDとはこの海綿体に流入する動脈ならびに海綿体から流出する静脈の障害であり、 血管性EDとは動脈性ならびに静脈性の勃起不全の事になります。
血管性EDのような構造的問題は一般的には、 三次元CTのような画像検査などをもって判明するものであり、 こうした三次元CTなどの検査を使用せずに採血検査や理学所見、 問診などで血管性EDと断定する事は非常に難しいと言えます。


【三次元CTによる血管性EDの検査報告】
他の原因による勃起不全では無い事が確認され、 その上で血管性EDを疑って三次元CTを実行した25症例を解析した報告になります。
三次元CTとは多数の連続するCTによる輪切り断層写真をコンピューターグラフィックスを利用して、 画像を三次元的に表現する方法で、またの名を3D-CTとも言います。 三次元CTは昨今の撮影時間が非常に短くなった高速CTの誕生によって、 非常に細かいスライスで大量のCT画像を短時間に撮像する事が、 出来るようになって誕生した新しい技術であり、 三次元CTはこうした血管性EDのみならず、 心臓血管の描出による狭心症の検査や癌の手術前の詳細な検査など、 数多くの医療シーンで活躍中の技術です。
本報告はプロスタグランジンE1という血管拡張に作用する薬剤を、 陰茎に直接投与する事によって人工的に勃起状態を作り出し、 その上でこの三次元CTを骨盤部全体に施行して、勃起に関連した血管を調べたものになります。
この三次元CTを利用した検討の結果、三次元CT撮影の静脈相において、 陰茎海綿体から血液を流出させるemissary veinが描出される症例と、 されない症例が検出されたとの事です。
勃起状態においては主にこのemmissary veinは海綿体と白膜によるプレッシャーによる、 静脈閉塞によって描出されにくい状態にあるはずなので、この報告においては、 血管性EDと疑われる症例にて静脈閉塞機構の障害が示唆される状況が散見されたという事になります。
つまり三次元CTの静脈相の撮像は血管性EDの静脈性要因を解析するもしくは、 予測するツールとして使用できる可能性があると言う事になります。


【今後の勃起不全診断と治療】
例えば勃起不全発症に至らない症例においても、上記のごとく三次元CTにおいて 静脈閉塞機構の障害が露見した場合には将来の血管性ED発症の可能性が危惧されます。
またこうした血管の機構上の問題は、 バイアグラ、レビトラ、シアリス、シルデナフィルなどの機能改善薬では無く、 血管に対する外科的処置などの介入の方が改善効果を得やすい可能性が有り、 そうした場合、三次元CTなどによる詳細な画像解析が非常に重要と思われ、 今後、特に難治のEDなどにおいては、漫然と同じ勃起不全として対応するのではなく、 三次元CTのような高度な画像検査・画像解析によって、その固有の原因を突き止め対応する、 オーダーメイド的な勃起不全治療が望ましいと思われます。
検査とくに画像の診断技術はまさに日進月歩にて、 画像技術の進化に牽引されて、血管性EDなど勃起不全治療のストラテジーが進化していく可能性が、 今後期待されます。


written by 新宿でシアリス購入なら!新宿ライフクリニック!

用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠