骨髄由来の細胞によって勃起不全が治る可能性があります。



細胞移植によるED改善の可能性

新宿でバイアグラ ジェネリック購入なら!新宿ライフクリニック!


【細胞移植とEDの改善】
ヒト骨髄由来のCD133陽性細胞の陰茎海面体への移植により、 勃起機能の改善、つまりEDの治療ができる可能性が動物実験によって示されました。
この20年でED:勃起不全の治療は飛躍的に進歩したと言われています。 それはバイアグラ・レビトラ・シアリス・シルデナフィルなどの、 PDE5阻害薬の誕生と、 それらの一般化による功績が一番この進歩に影響を与えていると思われます。
これらのED改善薬/勃起改善薬は一酸化窒素の血管拡張効果を陰茎局所に発現することで、 血管拡張による全身的な影響を減らしつつ、勃起機能の改善を図る事が出来るようになりました。
しかし、安全性が高く、ED改善効果の高いこれらの薬剤もその作用の限界があり、 高度の神経障害を示す場合、もしくは進行した糖尿病や、脊髄の障害、 高度の加齢によって発症するEDなど、 改善効果を示しきれない症例もあります。
現在、ED患者数はこの日本だけでも1300万人ほど存在すると想定されており、 その上、生活習慣病の増大によってさらにその患者数は増加して行くと想定されています。 ED改善の医療はそうした患者数の爆発的増加に対応するためにも、 バイアグラ・レビトラシアリス ・シルデナフィルに高度に依存した、 現在のED治療をさらに発展させて、 これらPDE阻害薬の不応例に対する治療方法を確立させて、さらにそれを一般化させる必要性があります。
PDE5阻害薬以外のED治療方法としては、 男性ホルモン補充療法などが一般的ですが、 こうしたED治療の現在の情勢とはまた別個の医学の進歩として、 現代医療の総体は細胞移植などの新しい移植医療の段階に突入しつつあるという状況があります。 この影響はEDなどの性機能障害治療にもおよび始めており、 将来的には人工的に作成した海綿体組織や血管組織の移植なども可能になるかも知れないとの事です。
こうした移植治療の領域においては、 たとえば血液腫瘍であるところの白血病などの治療においては骨髄細胞の移植つまり細胞移植は、 以前より行われていて既にかなりの治療成績をあげています。
実はこうしたテクノロジーをEDの治療に応用する試みが始まっており、 重症EDのカテゴリーの一つ、陰茎海面体損傷において、 このテクノロジーが応用できる可能性が検討されています。
本稿では細胞移植とは何か?また、この細胞移植によるEDの改善報告、 そして今後のED治療に関して記載しております。ご参照くださいませ。


【細胞移植とは?】
細胞移植とは、実は上記した通り、血液学における血液腫瘍治療の領域においては、 既に一般化しているテクノロジーで、骨髄細胞移植などがその代表的なものになります。
その他にも固形癌に対しての末梢血幹細胞移植や、 インスリン依存型糖尿病に対する膵島細胞移植、 またパーキンソン病に対する胎児黒質細胞移植など、 医学における他分野、多領域に渡って、 移植治療が既に施行されていたり、検討されていたりしています。
現段階の細胞移植は、そのおおよそが幹細胞つまり、 自己複製能があり、また分化した細胞を作る能力を併せ持つものの移植が主体になりますが、 将来的には人間の手で作成した機能性のあるものの移植が可能になるとも考えられています。
今回、ご紹介させていただく、損傷した海綿体への移植に使用されるものは、 こうした完成した機能性のあるものではなく、CD133陽性細胞と言う自己複製能と、 分化した細胞を作る能力を併せ持つものを使用しております。
このCD133陽性細胞は癌幹細胞とも言われており、 乳癌、脳腫瘍、大腸癌、膵臓癌を含むヒトの複数の腫瘍において特定されたものとされており、 それらの臨床治療への応用がすでに始まっています。


【細胞移植によるED改善の報告】
この報告は人工的に陰茎海綿体を切除されたモデルラットを用意し、 それに細胞移植として上述したヒト骨髄由来CD133陽性細胞を移植したもの、 ならびにそのコントロールとして移植されていないもの等、複数種類のカテゴリーを用意し、 それぞれの陰茎海綿体の機能改善つまりED改善の効果を統計的に検討したものになります。
ちなみに陰茎海綿体機能は陰茎海綿体内圧/平均血圧をそれぞれのモデルラットにおいて測定し、 その値をもって機能改善の程度をそれぞれのカテゴリーにて比較しております。
その結果として、骨髄由来CD133陽性細胞を移植した群では、 他のアルギン酸ゲルシートを貼付した群、 また陰茎海面体切除のみ群に比較して明らかに陰茎海綿体内圧/平均血圧の上昇を確認した。 つまり、ED改善が統計処理上、明らかに見られたと報告しております。


【今後のED改善のための治療】
上記の報告の結果は骨髄由来CD133陽性細胞による細胞移植によって、 陰茎海綿体組織の再生、つまりED改善が図れる可能性を示しました。
陰茎海綿体は勃起機構の根幹にあるものであり、 これの障害は難治性の勃起不全発症の原因になります。
こうした細胞移植が効果的であるならば、 人類は難治性EDの改善に関して一つの突破口を開いた事になり、非常に有意義な検討と言えます。
しかし陰茎海綿体以外の神経や血管の高度障害によるEDの改善には、 この方法ではあまり効果的でない可能性はもちろんあり、 難治性ED改善における課題はまだまだ、たくさんあると言えます。
しかし、山中教授で脚光を浴びたiPSのように、 今後の細胞科学の進歩はこうしたED改善上の問題も改善してくれる可能性が期待されています。
今後のEDと移植科学の進歩に期待しております。


written by 新宿でレビトラ購入なら!新宿ライフクリニック!

用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠