アンドロゲンの低下が糖尿病や肥満によって発生する事が有ります。



生活習慣病の存在で男性ホルモン(フリーテストステロン)が低下する可能性

新宿で正式なバイアグラジェネリックなら!新宿ライフクリニック!


【生活習慣病と男性ホルモン】
生活習慣病の糖尿病と有る程度以上の肥満がある人は男性ホルモン作用の主体である、 フリーテストステロンが低下する傾向が有ると報告されています。
日本は飽食・運動不足・遺伝的要素・食習慣等によって形成された生活習慣病が多い傾向に有る国、 いわば生活習慣病大国です。
これは、我々の国の経済状態や就労状況、また交通機関の発達など、 先進国として得る事の出来た数多くの利点が、 健康面に関しては逆に作用する事があるという皮肉に満ちた状況です。
世界的に生活習慣病は増加傾向ですが、日本における その蔓延のスピードは第二次世界大戦終了以降からの比較においては、 他国よりも比較的早い傾向が有り、生活習慣病の結果として発生する大血管障害である、 脳梗塞や心筋梗塞もまた、その発生頻度が我が国で大いに増加している事が確認されています。
生活習慣病とは詳細は後述しますが、高血圧、糖尿病、脂質異常症、肥満などに代表される、 食事や運動などのライフスタイルが主体となってその発現や増悪に影響する疾患であり、 これは、それぞれ様々な弊害を先々に引き起こしますが、 共通しているのは主に動脈硬化を推し進めてしまう事による悪影響です。
また、これら生活習慣病はED/勃起不全の発症における大きなリスクファクターであり、 こうした性機能障害の発生に大いに関連すると報告されていますが、 これらの生活習慣病が上述の動脈硬化とは独立した、 その他のED発症因子を持つ可能性が示唆され始めています。
それは男性ホルモン作用の主軸たるフリーテストステロンの血液中の量が、 糖尿病や肥満などの生活習慣病が存在することで低下する傾向が有ると言う内容であり、 男性ホルモンが低下する事は、動脈硬化とは独立したED発症の原因に成り得るので、 糖尿病や肥満などの生活習慣病をお持ちの方はEDに関しては、 動脈硬化によるもの、男性ホルモンの低下によるものと、二重のリスクを持っている可能性が示唆されます。
本項では生活習慣病に関して、また男性ホルモンの主作用をつかさどるフリーテストステロンに関して、 また生活習慣病の存在で男性ホルモンが低下する可能性の報告のご紹介に関して記載しております。 どうぞご参照くださいませ。


【生活習慣病とは?】
男性ホルモンの低下に関連するとされる生活習慣病とは、 上記した通り、高血圧・糖尿病・脂質異常症・肥満などに代表される、 主に運動や食事などの生活習慣がこれらの出現や増悪に関連するとされる疾患群です。
生活習慣病は日本人に非常に蔓延しており、 特に多数派の高血圧に関しては日本人の4000万人が罹患していると報告されています。 これは日本人の総人口の1/3に相当する数であり、 学童など若い人がこの中には少ない事を考えると、成人におけるその割合は1/3以上になると想定されます。
もともとこうした生活習慣病は成人に多かった事もあり成人病と呼ばれていたのですが、 このカテゴリーの属する疾患の増加に従い、 国民の生活習慣改善の予防策を強く推し進める必要性が発生し、 その関連によって、その名称が成人病から生活習慣病と1996年に改称されました。
生活習慣病は心筋梗塞など、致命的な状況になる事が多々ある疾患の主要な原因であり、 またED/勃起不全などの「生活の質」=QOLを低下させる疾患の大きな原因にもなり、 常に予防的対策が望まれる恐ろしい疾患群です。


【男性ホルモン作用の主体であるフリーテストステロンとは?】
主に男性ホルモン=テストステロンと言えど、 その状態に応じて男性ホルモンであるテストステロンには様々なバリエーションが有り、 まず殆どの血液中のテストステロンは蛋白と結合している状態で、 あまり男性ホルモン作用を示さないのですが、 約2%のテストステロンは蛋白と結合してないフリーテストステロンの状態で血液中に存在しており、 実はこのフリーテストステロンが男性ホルモン作用の主体であり、 この物質が男性ホルモン作用によって男性の二次性徴を発生させたり、 性欲や性機能をコントロールしたりする主要なものです。 そうした関連もありフリーテストステロンによる男性ホルモン作用の低下は、 ED/勃起不全の原因と成り得ます。
また男性ホルモン作用の主軸たるフリーテストステロンの低下は、 疾病原因としては一般的に性腺機能低下症、加齢、停留精巣、精索静脈瘤、 肝硬変などを原因として発生する事が多いです。


【生活習慣病の存在で男性ホルモンが低下する可能性の報告】
この男性ホルモンの低下に関する報告は、 健康診断の目的で来院した125名の男性にフリーテストステロンを計測し、 罹病背景や体格などでその内容を統計学的に検討したという内容です。
この報告によれば糖尿病に罹患している患者と体容積指数(BMI)が30より大きい数値をしめすもの (通常BMI24以上が肥満とされる)は、統計学的検討の結果、 それ以外のカテゴリーの人に比較して有意に、 男性ホルモン作用の中心たるフリーテストステロンが低いという傾向を示したとの事です。
また、その他の結果として、生活習慣病の罹病数が2つ以上のものは、 2つ未満の人に比べて有意に男性ホルモン作用の主体たるフリーテストステロンが、 低い傾向を示したとの事でした。
これは糖尿病や有る程度以上の肥満患者、また生活習慣病を2つ以上持っている患者においては、 男性ホルモンの作用が低くなる可能性を示唆した結果であり、 こうした男性ホルモン作用が低下する患者さんにおいてはEDが発症しやすくなる可能性が示唆されます。


【今後の生活習慣病とEDの予防に関して】
EDに関してはバイアグラレビトラシアリスシルデナフィルに代表されるPDE5阻害薬という、 安全性と髙い効果が両立している良質な治療薬が有るので、 以前に比べればEDに対する治療的アプローチは格段にとり易くなったと言えます。
しかし生活習慣病、特に糖尿病などが高度に悪化した状態においては、 いかにPDE5阻害薬と言えど、効果を発揮しきれない場合もあります。
やはりこうしたEDなどのQOL=「生活の質」を下げる疾患に関しても、 もちろん心筋梗塞などの致命性の高い疾患に関しても、 発生してからの治療よりも、予防的対応が望ましい事は言うまでもありません。
予防的対応とは、様々なカテゴリーが有りますが、 主には毎日定期的な運動を心がけ、バランスの良い食事を適切なタイミングで適切な量摂取する、 喫煙などの動脈硬化を進行させる習慣を廃する等の生活習慣改善のアクションが非常に大切です。
特に生活習慣病が動脈硬化以外に男性ホルモンの作用を低下させてしまうとすると、 その健康面や性生活に対しての悪影響は今までに想定されていたもの以上になり、 男性ホルモン作用の低下は、やる気などのメンタル面や認知機能、 骨格筋の維持など多岐に悪影響を及ぼす傾向があるので、 より生活習慣病の予防的対応が重要性を増す可能性が有ります。
当 新宿ライフクリニックの医師職員の殆どは内科専門医や糖尿病専門医また循環器専門医など、 内科のスペシャリティを持っております。 こうした生活習慣改善のご相談に関して対応させていただきますので、 男性ホルモン作用の低下の予防の為にも、どうぞご気軽にお声をおかけくださいませ。


written by 新宿で正式なシアリスなら!新宿ライフクリニック!

用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠