日本人女性は海外に比較してセックス時に痛みを感じる事が多いと言われています。



性交痛の原因に関する調査

新宿でバイアグラの相談なら新宿ライフクリニック。


【性交痛と日本人】
日本人の女性は海外の報告に比較して、セックス時における疼痛、 つまり性交痛が性機能障害の報告の中で大きな割合を示すという特徴があるとされています。
海外においてはこうした性交痛と下部尿路症状との関連が報告されている事も有り、 日本人の女性における下部尿路症状と性交痛の関連を検討した所、 本邦の女性においては特に下部尿路症状と性交痛には有意な関係性は見いだされなかったとの事でした。
日本人には海外の方に比較して、性機能上の特徴が顕著に有ります。 例えば、性交の頻度は欧米はおろかアジア内で比較しても低頻度とされており、 少子高齢化を迎えようとする我が国、日本においては、 労働人口の低下、年金問題などを考えると、将来を憂慮する因子の一つでも有ります。
その他にも、調査上、女性の性機能障害原因の中で性交痛、 つまりセックス時における疼痛の自覚、またその自覚によって性交が困難な状態になる事が、 他の国の報告に比べて比較的に高頻度である事が以前より報告されています。
女性のこうした性機能障害に関する報告は、 本邦においては男性のこうした報告に比較すると相対的に少ないと言えます。 しかし男性の性機能障害の発生に女性が深く関わるように、 女性の性機能障害の発生には男性が深く関わる傾向が有ります。 セックスが主に男女で行われる生理的行動である以上は、 男女においてそのそれぞれの機能障害への関わりは相対的なものと言え、 男性の性機能障害を把握していくに当たり、 女性の性機能障害をよく把握する事は重要とも思われ、 またその逆も然りと思われます。
今回、ご紹介させて頂く報告は、日本人女性の性機能障害において発生頻度が高い性交痛の発生が、 欧米のように下部尿路症状の深い相関関係のもとに発生しているのかを統計学的に調査したものになります。 この報告を中心に、女性の性交痛の原因や対策などに関しても言及しております。 ちなみに下部尿路症状とはおもに排尿の状態に問題が有る事を示しており、 頻尿や尿失禁などの蓄尿障害と、尿勢低下や残尿感などの排出障害などで構成されています。


【性交痛の主な原因】
性交痛とは上記したようにセックス時における疼痛の自覚と、それによる性交困難を示しています。
性交痛は特に女性に関しての症状を示しており、その原因は数多有ります。 性交経験が未熟な女性ですと、骨盤底の筋肉が防御的に緊張してしまい、 その状況に陰茎を挿入される事で疼痛を強く感じる事が多いとされています。
その他、不十分な性的刺激、興奮によって膣の湿潤が不足するような場合も、 性交痛を感じる事が多いとされています。 こうした状況の発生には男性の存在や行動の関連も非常に濃厚です。
一方、性交痛における女性の身体の器質的な原因としては、 非尿生殖器系における手術痕の存在が性交痛を発生している状況の他、 癒着、感染による炎症、子宮内膜症、女性ホルモンの変動に伴う外陰部、膣の萎縮性変化などが報告されています。 そして海外の報告においては下部尿路症状の存在もまた女性の性交痛の発生において、 統計学的に原因に足り得ると言われています。


【日本人の性交痛に関する調査の報告】
本報告は、人間ドックを受診した315人の女性を対象に 性交を有する人において、下部尿路症状に関連するスコアリング上、 性交痛が有る方にスコアリングのポイントが有意に高いかを統計学的に判定したものです。
下部尿路症状のスコアには、男性の国際前立腺症状スコア等を流用しているとの事です。
この検討の結果として、日本人女性において各種スコア、 ならびに蓄尿症状、排尿症状、腹圧性尿失禁・切迫性尿失禁の有無と、 性交痛との関連は有意には見いだせなかったとの事でした。
やはり日本人女性においては、骨盤底筋群の防衛的な緊張や不十分な興奮、 また子宮内膜症や外陰萎縮などの要因の方が性交痛の原因に関わりが高い可能性が示唆されました


【性交痛に対する対策と検討】
性交痛の原因を大きく二分すると、 性交痛は女性器や女性臓器に関連した疾患や形態・機能的変化などの器質的グループと、 不十分な性的刺激・興奮、また骨盤底筋群の防衛的緊張などの性交心理学的なグループとに分かれます。
器質的な原因グループに関しては、積極的な婦人科やレディースクリニックへの積極的な受診により、 改善する事も可能と思われます。 しかし、その場合において、やはり日本人女性の奥ゆかしさ、 恥じらいが積極的な受診への有る意味でのブレーキになっている事は否めません。
これには医師をはじめ施設スタッフが女性のみで編成されていたりと、 女性のナイーブな悩みにおける受診に関しての抵抗感を減らすなど、 工夫のあるクリニックの増加が望ましいと思われます。 首都圏を中心にこうしたクリニックが増加している傾向はありますが、 まだまだ需要をきちんと満たす数とは思われません。
一方、原因グループの後者である所の性交心理学的な要因に関してですが、 これに関しては、冒頭で述べた通り女性のみから派生する問題ではありません。 男性の関与が大きい問題と言えます。
その改善にはセックスパートナーたる男性からの配慮や、 工夫が非常に大切と思われます。 たとえば骨盤底筋群の過剰な緊張を来してしまう性交経験が未熟な女性に関しては、 男性から与える安心感などの心理的アプローチが非常に大切になります。
また不十分な性的刺激による性交痛に関しては、 男性は女性の意見を良く聞き、それをくみ取りかつ行動に移す事で、 女性への適切な刺激へと性行動を補正する事が出来ます。
また不十分な興奮に関しては、ともすれば男性の性欲は動物的で、性急かつ簡素なものになりがちですが、 女性の性行動においては情動が非常に大切である事を今一度男性側に認識してもらい、 「親しき仲にもムード有り。」と言った具合に深い配慮を勘案する事がとても大切に思われます。
男性に発生するにしても女性に発生するにしても性機能障害は、 結果的には出生率の低下に結びつく問題で、長期的には少子高齢化の促進源として作用する可能性が危惧されます。 性機能障害はある程度、男女、相対的な問題であるという方針が問題解決上望ましいと思われ、 こうしたアプローチが結果的に将来やって来る、少子高齢化に伴う労働人口の著しい不足を、 緩和する一助となると思われます。


written by 新宿でレビトラ購入のご相談なら、新宿ライフクリニック.

用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠