男性に若い内から、きちんとした性教育をする事で膣内射精障害などの男性特有の性機能障害が予防できる可能性が検討されています。



性教育による男性の性機能障害の予防

シルデナフィルを新宿で。新宿ライフクリニック!


【男性の性機能障害と性教育による予防策】
思春期男性に対しての性教育が、男性特有の性機能障害である膣内射精障害を初め、 心因性ED/勃起不全、またセックスレスなどの発症における予防的対策として、 有効であるという可能性が現在検討されています。
近年、男性特有の性機能障害である膣内射精障害などの射精障害が増加の傾向を見せており、 またこれに対する有効かつ主軸足り得る治療方法が模索されるも、 現在のところ、中心となる治療方法は未だ規定されきらない状況になります。
その他、セックスに対する正しい知識の不足から発生する心因性ED/勃起不全、 セックスレスなどの発症原因として、 性の萌芽の時期、つまり思春期における正しい性知識の啓蒙が不足している事が、 深く関連しているという可能性が男性において検討されています。
これら男性特有の性機能障害は前述の通り、 主軸たる治療方法が未だ模索中であるという状況が遷延してきており、 その原因としては長年の習慣やセックスに対する嗜好など、 是正の難しい問題が、これらの発生要因の中心にある事も大いに考えられ、 事後に使用する治療薬よりも、 予防的対策の方が問題削減の効果が期待できるのではないかと考えられ始めています。
それは言わば、予防的対策すなわち性教育に、 男性の性機能障害を予防する為のニュアンスを内包させるという考え方です。
現状、男性の思春期における性教育は、 現在の教育システムの有り様や、思春期男子の精神性など様々な要因があり、 ある意味での具体性に欠け、上記のような膣内射精障害や、 知識の不足から発生する心因性EDなどの予防効果を担う為には、 内容の拡充や教育担当者の再設定が肝要とも考えられています。
本稿では現在の性教育の有り様、 そして現在、検討されている思春期男性への性機能障害の予防を盛り込んだ性教育アプローチの一例、 また今後の性教育に期待されるものなどを記載させて頂いております。 ご参考にされてくださいませ。


【性教育とは】
日本において性教育として施行されているものには、 2種の概念が合一されている傾向が有ると思われ、 この2種の概念を英語で言うと一つはsexual educationになり、 もう一つはsex educationになります。
sexual educationとは、人格などを内包した意味合いでの性に関しての教育であり、 人文的なアプローチによるものがそれにおおよそ該当します。
一方のsex educationとは、sexual educationに比較して、 より具体的な目標を持った教育アプローチの事がそれに該当し、 例えば十代の妊娠率の低下や性行為感染症の罹患率の低下などを目標に、 教育介入していくもの等がそれに当たります。
本稿のテーマの主軸たる、性教育による膣内射精障害や、 性の知識不足による心因性ED・セックスレスの予防を目標にしたものは、 内容としてはどちらかと言うとsex educationに該当するものと思われます。
現在において、日本の性教育として学生に施行されているものは、 その内容に若干女性偏重な傾向は否めず、 十代の妊娠率の低下や性行為感染症の罹患率の低下には良い効果を発揮するものの、 教育による男性の性機能障害の予防目的においては、 未だ物足りないものがあると思われます。
また、性教育の教育担当者のお話になると、 その学校の養護教諭がレクチュア担当ではない場合、 ほとんどのケースにおいては産婦人科医師が性教育に関する講義を担当する事が多いようです。
産婦人科医師は、あくまで女性臓器の専門家であって、一方の男性生殖器に関しては専門外であると言え、 こうした状況もひとつ現在の学生に対する性教育が、 若干女性偏重になりがちになってしまう要素と思われます。
女子生徒の性教育担当は産婦人科医師で正に適正と思われますが、 男性の性機能障害の予防的なニュアンスを考えると、 男子生徒への性教育担当も産婦人科医師が担当するのは専門性の乖離が否めないとも思われます。


【思春期男性への新しい性教育アプローチの一例】
実際に施行されつつある性教育の新しいアプローチとして、 思春期男子にも充分に対応したものがあり、 これは男性の成人以降に発生する性機能障害の予防的ニュアンスを内包した教育システムになります。
このアプローチの非常にユニークかつ具体的な所としては、 性教育の講義担当を男女で分割して、 女子生徒の性教育の講義は今まで通り女性臓器の専門家たる産婦人科医師が担当し、 男子生徒の性教育の講義は男性生殖器の専門家たる泌尿器科医師が担当するという点にあります。
これによって女性偏重な性教育だったものが男女バランスのとれたものになり、 かつ思春期の性教育上で予防ができる男性の性的な問題に対して、 非常に対応しやすいスタイルとなったと言えます。


【今後の性教育の考察】
性教育などの学校教育において、 非常に難しいのはそのアウトプットである所の「教育の成果」を数的に確認する事が難しい所にあります。
しかし、それでもなお、少子高齢化にあえぐ我が国においては、 知識や教育の不足から男性に発生する性機能障害は、 逆に教育によって改善させる事が可能な、他の問題に比べると比較的介入しやすい問題でもあり、 これらに対する具体的な施策は少子高齢化への一つの対策としても、 非常に有意義なものと思われます。
しかし、より切り込んだ性教育と言うものは、 当然それに対する保護者サイドにおける当惑も想定され、 性教育の現状への適正化に対するブレーキとして、そうしたアクションが、 作用してしまう可能性も多いに想定されます。
そうした意味合いでは、何故に性教育のアップデートが必要なのか、 というそのニーズに至る原因となった本邦の現状の啓蒙を、 むしろ保護者などの思春期の男女を取り巻く、 より上の世代に積極的にアプローチしていく必要性が高いと思われます。


written by レビトラ処方を新宿で。新宿ライフクリニック.

用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠