精子の精液中の密度は季節によって変動する可能性が有ります。



精子濃度は季節の影響を受ける可能性が有ります

シルデナフィルを新宿で。新宿ライフクリニック!


【精子の濃度と季節の影響】
精子の濃度が季節の影響を受けるという報告が有ります。 この濃度が低いと受精率に悪影響を与えて、妊娠しにくくなる、 いわゆる男性不妊症が発生する原因となり得ます。 イスラエルからの報告に因れば、もともと正常な精子数の傾向の人は、 冬に濃度が上がりやすい傾向が有るので、 冬の性交の方が受精率が上がる可能性があるとの事です。
不妊症はいわゆる女性主体の不妊症と男性が主たる原因となって発生する男性不妊症が有り、 この不妊症の原因因子はそれこそ、男女合わせて数多のものが有ります。 不妊症でこうむるカップルの精神的苦痛はとても痛ましいものです。 人が子供を求める気持ちは精神の深淵から出る、本能や情動に基づいたものだからです。
こうした人々の苦痛を解決すべく、人類の不妊症を治療する為のテクノロジー、 「生殖補助技術」は発達を重ねてきました。 バイオテクノロジーの発達は受精すらも試験管で施行する事を可能とさせ、 結果、数多くの不妊症で悩むカップルを救っています。
またバイアグラ ・レビトラ・シアリス・シルデナフィルODなどのPDE5阻害薬もまた、 ED/勃起不全を原因とした男性不妊症を数多く救っており、 これらの技術革新の一環を為しています。
このような生殖に関する研究発達の一過程において、 近年、WHO:世界保健機構が精液検査の国際的標準値を定義しました。 この定義の確立によって男性配偶子の質や数などの、性状に大して影響を与える因子の解析が、 かなり早いペースで進み始めています。
今回、ご紹介させていただく、精子濃度の季節の影響による変動の報告は、 こうした国際的な生殖研究の潮流の一部から派生したものです。
あまねく地球上の生物は環境の影響を受けながら、 その生命に関連したサイクルを規定しています。 昼夜の変動に合わせて、体内の内分泌環境が変動するのも、その一環です。
生殖活動もまたそうした環境の影響を受けやすい因子と言えます。 自然界の動物には人間と違い繁殖期が設定されているものも有り、 これはその代表的なものとも言えます。
しかし、明確な繁殖期の設定の無い人間の生殖機能もまた、 季節的な影響を受けている可能性が示唆されました。 本項では男性配偶子のWHO基準に則った性状に関して、 また精子濃度が季節の影響を受けて変動するという報告の内容、 そして濃度の季節影響を加味した対策に関して検討しております。


【精子の性状とは】
WHOの規定した男性配偶子の性状とは、 それらの外観から始まり、濃度、総数、運動率、 などに代表される精液と精子の総合的かつ標準的なパラメーターの事です。
なぜにこれを規定するに至ったかと言えば、 もちろんその中心は男性不妊症の診断を目的としたものになります。
このパラメータの一部をご紹介いたしますと、 精液の液量は2ml以上、濃度(密度)は20×10の6乗個/ml、 総数は40×10の6乗個/ml、 運動率に関しては、その精子の50%以上が運動性を示す、もしくは、 高速に直進するものが25%以上、 正常形態のものが15%以上、 が精子ならびに精液の性状の標準的正常値となっております。
これらいずれのパラメータにしても、その著しい低下は、 男性不妊症の発生に繋がり得ます。 例えば濃度に関しては、該当の濃度が上記の20×10の6乗個/ml未満の場合は、 乏精子症=精子減少症という診断になり、この濃度がゼロ、 すなわち男性配偶子が一切見られない精液の場合は無精子症という診断になります。 これらの疾患はいずれも男性不妊症の原因疾患と認識されています。


【精子濃度が季節の影響を受けるという報告】
この報告はイスラエルからの報告になります。 6455例のサンプルから採取時期の季節と精子・精液の各種パラメータとの関連を、 統計学的に処理し、その傾向を探ったものとの事です。
この結果として、元々、正常レベルの精子数の患者さんに関しては、 春から秋にかけて濃度が低下し易い傾向が有り、 冬に濃度が回復する傾向が有るとの事です。
つまりイスラエルでは精子数が正常範囲の患者さんにおいては冬にセックスをした方が、 濃度が高めになるので、受精率が上がる可能性があると言う事になります。
ちなみに精子数が少ない傾向にある、乏精子症の患者群においては、 正常形態精子率ならびにアクロソーム指数が春と秋に高くなるので、 イスラエルにおいては春もしくは秋にセックスをした方が、受精率が高まる可能性があるとの事です。


【日本における精子濃度の季節影響に関する考察】
上記の報告はあくまでイスラエルにおける統計研究になります。
季節性のリズムとは概年リズムもしくは年周期リズムとも言い、 生物が季節の影響のもとで、主にその体内環境を変動させているという事を示す言葉ですが、 生殖とホルモンにおいてその代表的位置にあるのが、メラトニンと呼ばれる内因性物質です。
メラトニンは季節による日照時間の変化を体内リズムの変化とする事で、 哺乳動物の季節に依存した生殖活動を可能にする役割があるとされているホルモンです。
仮に濃度などの精子性状の変化が季節変動の内、 日照時間などの変化によるものだとすると、 これは各国の気候条件や国の位置する緯度によって、 濃度などの精子性状が変化する可能性があると言う事になります。
その点、日本とイスラエルは大きく気候環境を違えますので、 今回の報告がそのまま日本にフィードバック出来ない可能性も有ります。 日本発の同様な研究の発表が待たれます。


written by レビトラ処方を新宿で。新宿ライフクリニック.

用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠