性に対する国際間の意識のギャップ



前立腺癌に伴う日米間の性意識の違い

新宿でバイアグラ効果を検討中なら新宿ライフクリニックへ。


【前立腺癌に伴う性機能障害とその調査】
日米間の前立腺癌の治療前・治療後における性機能の改善や性負担感の差異、 またバイアグラなどの勃起改善薬導入に至るモチベーションにおいて、 性の文化背景などをベースにした国際間の認識の違いが浮き彫りになったと報告している発表が有ります。
前立腺癌とは、男性の生殖に大きく関連する前立腺という分泌臓器における悪性新生物の事になります。 欧米では男性の癌死亡における大きなウェイトを占める本疾患ですが、 最近、食事内容の欧米化に従い本邦でも急激に癌死亡の原因疾患として、 その存在感を増して来ている傾向が有ります。
この前立腺癌は男性の勃起に直接関連するシステムの近傍で成長する疾患であるだけに、 その存在自体が、またその加療自体がED/勃起不全発症に関連する事がとても多く、 前立腺癌の関連するQOL=「生活の質」において男性性機能の検討は欠かせないものになります。
UCLA-PCIと呼ばれる前立腺癌患者のQOLを定量的に判定する指標が有り、 これは現行において世界的に使用されている指標の一つになりますが、 本指標を用いて、前立腺癌患者の性機能を民族間、国際間で比較検討すると、 比較対象間での性に対する文化背景が類推される結果が導き出され、 大変興味深いデータを採取する事が出来ます。
今回、ご紹介させて頂く発表はこうした国際間比較を文化背景・分化水準が比較的近似していて、 その上で明確に民族構成の差異が大きい日米間で実行したものになります。 その他、本稿では本邦における性意識の有り様などに関しても記載しております。 是非ともご参照ください。


【前立腺癌に伴う日米間の性意識の違いに関する報告】
本報告は、日米間の前立腺癌の治療前・治療後の性機能や性機能改善治療への導入意識などに関して、 UCLA PCIによって調査し、得られたデータを統計的手法にのっとって、日米間比較に使用したものです。
その結果としては、まず前立腺癌治療前の性機能に関しては日本より米国の方が高い傾向が有りました。 また治療前の性の負担感は国家間で差異は無かったとの事です。
治療後、つまり前立腺癌に対する前立腺全摘除術後の性機能の回復に関しては、 米国の方が改善が良いと言う傾向が有りました。 また治療後の性の負担感に関しては日本の方が改善が良いと言う傾向が有りました。
また治療後のバイアグラなどの勃起改善薬の使用に関しては、 米国ではもともとの性機能が低かった患者ほど勃起改善薬の使用頻度が高く、 日本では逆でもともとの性機能が高い患者ほど勃起改善薬の使用頻度が高かったとの事でした。
本検討ではユニークな事に在米日系人に関しても同様な検討をしておりますが、 在米日系人に関しては性機能自体は本邦と大きく差異は無かったとの事でしたが、 興味深い事に性の負担感に関しては米国寄りな傾向が有るとの事でした。


【日米間の性機能、またその改善に関する意識の違いの考察】
もちろん上記の結果は民族構成が大幅に違う国の市民同士を比較したものになるので、 性機能における民族間の身体能力の差に伴う影響は否めません。
しかしこのデータ比較には在米日系人データを入れる事によって、 性機能における民族間の身体能力の違いというバイアスを再定義する事が出来、 その上では、日米間の性機能やその改善に対する国家間の意識の違いを推察する事が可能です。
一つの類推として、米国では日本よりも平均的な性行為の回数的頻度が高く、 それが故に客観的な性機能への期待が日本よりも強い可能性が有ります。
ゆえに術後の低下した性機能に対する性の負担感が日本よりも強い傾向になった可能性が有り、 この内容は米国人、在米日系人に似通った傾向が有るので、 民族的な身体機能に依存しない、アメリカの性文化に伴う結果である可能性が有ります。
またバイアグラなどの勃起改善薬の導入にいたるモチベーションに関してですが、 日本ではもともと性機能の良かった人が使用する頻度が高いとの事でしたが、 これに関してはおそらく日本の中高年における傾向として、 セックスを定期的にしている人としていない人の落差が大きい可能性が潜在的に有り、 セックスを定期的にしている人の層に性機能の良かった人の層が、 大きくオーバーラップしている可能性が想定されました。 故に性機能の良かった人は、 性交機会の頻度に応じて勃起改善薬の使用頻度が上昇したという可能性が有ります。
一方、米国ではバイアグラなどの勃起改善薬の使用頻度はもともと性機能の悪かった人が、 高い傾向が有るとの事でしたが、これもセックスの頻度が全体的に高いので、 性機能が低い人もセックスをする頻度が有る程度の前提として有り、 もともとの性機能が低いゆえに薬剤による補強を必要としたと言う状況が推察されます。 そしてもともとの性機能が高いレベルの人も勃起改善薬を使用する事が有れども、 それはもともとの性機能の低いレベルの人よりも低頻度であったという可能性が示唆されます。


【今後の日本における性意識の有り様】
日本人は高度に少子高齢化が進行している国として国際的に認識されていますが、 そうした状況にも関わらず上述に有る通り日本人のセックスの回数的頻度は、 他国と比較するととても低いレベルとされており、 あまつさえ昨今の生殖年齢層たる青年期においてはセックス離れが心配されている傾向すら有ります。
こうした傾向が今回、ご紹介させて頂いた報告にも影響している可能性が有りますが、 労働人口の継続的な低下は国力を衰退させてしまう可能性が有り、 少子高齢化対策ならびに日本人若年者のセックス離れに対しては、 可及的速やかに対応すべきとも思われます。
我々、日本人は今一度、 様々な階層において性機能やセックスを再定義する時期に近づいて来ているのかも知れません。


written by 新宿でシアリス効果ご検討なら新宿ライフクリニック.

用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠