精管欠損症の臨床



精管欠損症の原因と不妊

written by 新宿でシアリスなら新宿ライフクリニック.


【精管欠損症とは】
精管欠損症absent vas deferensとは、 生まれながらに精巣上体から射精管を繋ぐ精管を欠損している先天的な障害です。
本疾患は精子の輸送障害を引き起こします。
また、精嚢の欠損を半数に合併すると言われております。 精嚢は、精液成分(精漿)の半分程度を分泌する器官であり、本疾患ではこの精嚢を欠損するため、 乏精液症を呈することがあります。


【精管欠損症と男性不妊症】
精管欠損症は精管がないために精液中に精子を輸送する事が出来ません。 ゆえに本疾患は男性が原因の不妊症である 男性不妊の原因になります。
しかし、本疾患は男性不妊の原因としては多数派ではなく、男性不妊症の原因の1%程度に過ぎません。


【精管欠損症は閉塞性無精子症(精路通過障害)に該当します】
精管欠損症は男性不妊の中では閉塞性無精子症(精路通過障害)によるものに該当します。 本疾患の場合、造精能は保たれていることが多く、 挙児希望の場合は、精巣内精子採取(TESE)から卵細胞質内精子注入法(ICSI)を行い、顕微授精となります。


精管欠損症は男性不妊の原因になります。 ED:勃起不全もまた男性不妊の原因になり得ます。


用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠