精管吻合術と精管精巣上体吻合術の実際



精管吻合術と精管精巣上体吻合術の問題点

written by 新宿でバイアグラを処方いたします.


【精管吻合術・精管精巣上体吻合術とは】
精管吻合術anastomosis of ductus deferensとは、何らかの原因により、 精管の連続が立たれている場合に、 精管と精管をつなげる手術の事になります。
精管精巣上体吻合術vasoepididymostomyとは精管と精巣上体をつなげる手術です。
精巣上体炎等により、精巣上体近傍で閉塞が生じた場合に適応となります。
精巣上体管は、精管より細いため、精管精管吻合術よりも、より高度な技術を要するとされます。 顕微鏡下にて、精管と精巣上体管の端々吻合が行われます。


男性不妊手術目的に精管結紮術や精管切断術を行った後で、不妊処置の解除目的に施行される手術になります。
閉塞性無精子症の閉塞部位を解除することを目的に施行されるより、男性不妊手術例への施行の方が件数が多いとの報告もあります。
しかし、男性不妊手術を施行された例への精管吻合術による男性の妊孕性の改善率は高いレベルでは有りません。


【精管吻合術の施行原因たる精管結紮術とは】
精管吻合術の施行原因の一つである精管結紮術とは男性の避妊手術の一つで、 両側睾丸を切開して睾丸内の精管を露出させてから、 両側の精管を結紮する事によって精子の通過を人工的に障害します。 結紮だけでは精管の再開通をしてしまい、避妊効果が無くなってしまう場合があるので、 精管結紮術には精管切断術を重ねて施行する事が多いと言われています。


【精管吻合術の術前コンセンサス】
精管吻合術は精管結紮術などの男性避妊手術をした後で、 施行された男性患者が後悔して精管吻合術を希望する場合が多いとされています。 しかし残念ながら、そのようなケースでは精管吻合術自体は成功しても、 妊娠率が従前のレベルまで改善する事は難しいとされています。 こうした男性避妊手術は施行前に十分な時間をかけ、コンセンサスを確認する必要性があります。


用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠