精管|精路の理解の為に



精管の解剖学的な解説

新宿でバイアグラは新宿ライフクリニック


【精管とは】
精管とは、男性配偶子である精子の通路すなわち精路の一部になります。
精巣の直精細管を通過した男性配偶子が、次に精巣上体管に至り、その次に到達する精路になります。
同器官は、精路の中では最も長大で、大きいものでは50㎝近くになる場合が有ります。 全長約60μmの精子にとってはあまりにも長大な経路です。

男性配偶子は、同器官を経過した後は精管膨大部を経て射精管へと至ります。
こうした精路は、男性配偶子を搬送する役割のほかに、男性配偶子に受精能力を付けさせるトレーニングエリアとしての役割と、 他の精路同様に、精液の液体成分である精漿の産生分泌などの役割が有ります。

同器官の障害は、精子の通過障害を引き起こし、閉塞性無精子症を発症する事が有ります。
閉塞性無精子症は、男性が因子の不妊症である男性不妊症の原因になります。


written by 新宿でシアリスなら新宿ライフクリニック.

用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠