精管炎・精管精嚢炎の臨床像



精管炎・精管精嚢炎の原因と治療

written by 新宿でレビトラなら新宿ライフクリニック.


【精管炎・精管精嚢炎とは】
精管炎deferentitisとは精管の炎症になります。
精管精嚢炎vasovesiculitisとは炎症が精管精嚢にまで及んだ状態です。
精管炎、精管精嚢炎はともに独立して発症するより精管近傍の器官の感染の波及によって発症する事が多いとされます。


精管炎は尿道炎や前立腺炎などの精管から見たより下位の器官の感染が上向して、成立し得ます。 典型的には、尿道炎、前立腺炎から、上向性に感染が波及し、精嚢炎、精嚢炎から精管炎が発症します。
尿道炎は、精管炎・精管精嚢炎の原因の大きなウェイトを占めます。 尿道炎は、過去においては淋菌が原因菌の主体を占めましたが、 現在はクラミジア・トラコマティスが主体を占めます。 精管炎・精管精嚢炎の原因となる疾患には、性行為感染症の結果発症する者も多く、 その関係性から精管炎もまた、性行為感染症として発症する場合があります。


精管炎の臨床的特徴は精管の痛みを伴う腫大になります。 これは、理学所見上も圧痛・自発痛が確認できます。 治療は原因にもよりますが、細菌感染性のものであれば抗生物質になります。


精管炎の発症が高頻度になると、炎症の影響で 精管内における精液の交通に障害が生じる可能性があります。 精液の輸送障害は、男性が原因の不妊症、すなわち男性不妊の原因になる場合もあります。 勃起不全EDとの関係は、少ないと考えます。


用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠