精巣上体炎の解説


精巣上体炎の原因と治療

新宿でバイアグラなら新宿ライフクリニックへ。


【精巣上体炎とは】
精巣上体炎epididymitisは、多くは性行為感染として発症する細菌感染症です。
急性発症の場合、起因菌は、一般的な性行為感染症と同様、淋菌やクラミジアが多いとされます。
通常、片側性に発症し、腸管の蠕動運動時に疼痛が増強する場合も見受けられます。 排尿時痛や頻尿、射精時痛、ペニス先端からの分泌物を認めたり、血精液症を示す事も有ります。 下腹部の疼痛や違和感を訴えることもございます。 一般的な細菌感染と同様、発熱や悪寒も生じ得ます。

本疾患は副睾丸炎とも呼ばれ、青年期の性病として発症する事の多い疾患であり、 その既往や慢性化は、稀に 男性不妊症閉塞性無精子症 の原因になります。
性病として発症する場合は、多くは尿道炎を合併いたします。
精巣上体炎から更に感染が遡って 精巣炎/睾丸炎 を発症する事もございます。

上記の様に原因は細菌感染が主ですが、抗不整脈薬であるアミオダロンの副作用として生じる場合もございます。
さらに、重い荷物を持ち上げたり、強く力んだ場合に、尿が精巣上体へ逆流し、発症することもございます。 この場合は、尿による化学性精巣上体炎として知られています。
ベーチェット病の一症状である事もございます。


【分類】
急性発症と慢性発症に分類する事が出来ます。
急性の場合は、原因菌が尿道口から遡り発症します。
慢性精巣上体炎は、急性発症後に移行するものがほとんどですが、まれに慢性状態で発見される事も有ります。 原因が不明な場合も稀にございます。
自覚症状は、基本的に急性の方が激しい傾向です。


【年齢と起因菌】
本疾患は、全ての年齢で発症する可能性がございますが、発症する年齢によって、 その原因や起炎菌が変化する傾向が有ります。
年齢が若い、生殖年齢の場合には、性病の一環として発症する事が多く、 クラミジアや淋菌などが原因となるのが一般的です。
器質的異常を持つ事は少なく、コンドーム等で適切な感染予防を行う事により、回避する事も可能です。
一方、高齢者の場合では、前立腺肥大などの尿路の器質的な問題が基礎疾患として存在する事が多く、 また、尿道カテーテルなどの処置によって、医原性に発症する事も間々有ります。
乳幼児は発症頻度の高い年齢層では有りませんが、本疾患がみられた場合は、 高齢者とは違った器質的な尿路の問題が疑われ、 その中には先天的な尿路の構造異常が関連する事がしばしばございます。


【診断】
細菌感染である場合がほとんどなので、急性の場合、採血上の白血球や炎症反応の亢進が確認されます。
これに尿中の原因菌の検出や、理学所見上の睾丸の腫大、発赤を伴う疼痛、高熱を合わせて診断致します。
鑑別疾患として、精巣上体垂捻転症が挙げられ、この鑑別には超音波検査が有用です。
また、抗生剤で治療する上で、起因菌によって使用する薬剤が変わる可能性もあるため、 一般細菌外のクラミジアなどの検索も必要です。

一方、慢性の場合は、血液検査上の所見が乏しい場合がございます。
発症エピソード(急性発症の有無)と、発熱を伴わない副睾丸の圧痛や硬結、 尿中の原因菌の検出などで診断します。

高齢者や小児例で、器質的異常の存在が疑われる場合は、 尿路造影検査や超音波検査などの画像診断が有効です。


【治療】
急性発症例では、検査で同定された起因菌、 もしくは推測される原因菌に適合した抗生物質の投与が基本となります。
症状に応じ、局所のクーリングや解熱鎮痛剤を使用する場合もございます。 睾丸が下方へ引っ張られると疼痛が増強するため、サポーターなどで固定するのも有効です。

慢性の場合には、対症療法が中心となります。
また、特に自覚症状がない場合には経過観察とする場合もございます。
結核性精巣上体炎との鑑別が困難な場合には精巣上体摘除術を施行される場合が有ります。


written by 新宿でシアリスなら新宿ライフクリニック.

用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠