我が国における性差医療



性差医療とED治療


【性差医療とは】
性差医療gender specific medicineとは、 男性と女性の間で発症率が非常にかい離している、発症率は同じなれど臨床経過が極端に違う、 男性と女性とでその疾患に対する医学的解析の進行が極端に違う等、 こうした特徴を有する疾病を研究し、診断・治療・予防をする事を目的とした医療になります。 性差医療は病院によっては専門のセクションが設立される等、段々に市民権を得つつある医療概念です。


【性差医療の出発点】
性差医療は医療における男女差を無くすべく、女性の医療を見直す事から生まれた医学概念であり、 とくに性に関連した生殖関連臓器ならびに器官は男性・女性それぞれに固有なものが多く、 これらにおける疾患は本医療カテゴリーの定義における男女の間で発症率が非常にかい離している疾患に該当します。


【性差医療の性差とは】
性差とは雌雄異体の生物において、男性と女性で構造と機能に差がある事を示す言葉になります。 ちなみに性差を進行させる身体の成長概念として第一次性徴、第二次性徴とありますが、 第一次性徴とは主に男女間の形質的な違いを進行させるもので、 第二次性徴とは主に男女間の形質的な違いを元に、ホルモン分泌に従った機能的な違いを進行させる物になります。


【性差医療に該当する疾患】
性差医療が展開する、典型的なものとして女性臓器腫瘍とその原因などがあります。 たとえば子宮頸癌は女性臓器の癌なので、女性にのみ発症する疾患になります。 その原因因子の一つである、 ヒトパピローマウィルス感染症は同ウィルスによる男性に対する感染と女性に対する感染とで臨床経過が大きく違う事になります。 子宮頸癌の予防を目的とした、女性に対するヒトパピローマウィルスに対するワクチン投与などは、 いわば本医療カテゴリーの素晴らしき成果の一つと言えます。


【性差医療と勃起不全】
陰茎と陰核が発生起源を同じくする、いわば同質な器官であったとしても、勃起不全は男性固有の病気であり、 勃起不全を改善するED改善薬などの薬剤は、 広義的な性差医療の概念に内包される治療方法である可能性があります。


written by 新宿でバイアグラなら新宿ライフクリニック.

用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠