女性における生殖精神病



生殖精神病と妊娠


【生殖精神病とは】
生殖精神病generation psychosisとは、女性に発症する精神疾患の病型で、 生殖機能や生殖器官の状態に応じて発症します。
具体的には生殖精神病は月経周期中に発症するもの、妊娠期間中に発症するもの、 産褥期間中に発症するもの、授乳期間中に発症するものとが有ります。


【月経前の生殖精神病】
生殖精神病の内で、月経周期に発症するものとしては月経前緊張症候群などがあります。
月経前緊張症候群とは月経の数日前から始まり、月経の開始とともに消失する生殖精神病で、 具体的な症状としては抑うつ、頭痛、感情不安定などが有ります。


【妊娠期間中の生殖精神病】
妊娠期間中に発症する生殖精神病の特徴としては、 妊娠初期に感情のバランスを欠く事が多いとされています。
妊娠初期に生殖精神病を発症しても比較的、妊娠中期・後期に関しては、 メンタルステータスが安定しやすい傾向があります。


【産褥期間の生殖精神病】
産褥期間中に発症する生殖精神病は妊娠期間中に発症するものよりも、その頻度がはるかに高く、 産後に急激に発症し、せん妄、妄想、抑うつ、興奮などの非常に多種多彩な症状を示す事が多いとされています。
また産褥期に発症する生殖精神病は頻度こそ高いですが、予後は比較的良好な場合が多いとされています。


一方、男性のうつ状態は心因性の勃起不全症:EDを発症する事が多いとされます。


written by 新宿でバイアグラなら新宿ライフクリニック.

用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠