生殖隆起と性器



生殖隆起と性分化


【生殖隆起とは】
生殖隆起genital swellingとは胎生7週の胎児の尿道ひだの外にできる対称的2対の隆起になります。 生殖隆起は段々と鼠径部から尾側方向に移動して行き、性染色体の核型がXYの場合には、 生殖隆起が陰嚢隆起になり、癒合した尿道ヒダとともに癒合して、 最終的に陰嚢になります。 性染色体の核型がXXの場合は左右の生殖隆起は癒合せずに、 そのまま増殖して行き、最終的には大陰唇になります。 このように生殖隆起は外陰部の形成に重要な組織になります。


【生殖隆起が分化する大陰唇とは】
生殖隆起が分化する大陰唇とは、 女性の外陰に所属し、女性特有の構造体になります。 大陰唇は恥丘から会陰に向かう縦に盛り上がった左右一対のひだになります。 思春期以降に発達し脂質腺や汗腺に富んでいます。


【生殖隆起など男女で起源を等しくする臓器・器官】
上記の通り、同じ生殖隆起から分化する陰嚢と大陰唇は発生学的に相同な身体部位になります。 男性と女性の外陰を比較した場合に、 生殖隆起起源以外に男性と女性とで発生学的に相同する部位としては、 陰茎皮膚と小陰唇、亀頭と陰核、尿道球腺と大前庭腺、尿道海綿体と前庭球などが有ります。 性ホルモンの分泌や機能の障害によって性器の分化障害が発生した際にはこれらの相同する外陰部は、 外見や機能が混在したり、対局する性形質のものになったりする事があります。


後天的な性ホルモンの分泌異常は結果として勃起障害:EDの原因になる場合があります。 こうした内分泌障害が因子の勃起不全も、その病勢の多寡にもよりますが、 勃起改善薬などが効果的な場合があります。


written by 新宿でシアリスなら新宿ライフクリニック.

用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠