性腺刺激ホルモン製剤と治療



性腺刺激ホルモン製剤の用途


【性腺刺激ホルモン製剤とは】
性腺刺激ホルモン製剤gonadotropin preparationとは、 性腺刺激ホルモン:ゴナドトロピンを人体から抽出して精製した薬品の事です。 性腺刺激ホルモン製剤は、 下垂体性性腺機能低下症 などの低ゴナドトロピン性性腺機能低下症などの治療に使用されます。


【原材料】
性腺刺激ホルモン製剤の原材料はそのまま人由来の性腺刺激ホルモン:ゴナドトロピンです。 性腺刺激ホルモン製剤はこうしたLHやFSHを使用して精製されています。 下垂体性性腺機能低下症が適応となります。


【製法】
性腺刺激ホルモン製剤は人体より得られるホルモン製剤で、人工合成されたものではありません。 主に人間の下垂体、胎盤、尿から抽出され、精製されます。


下垂体性性腺機能低下症では生殖腺の萎縮・機能低下を結果として発生させます。 生殖腺の機能低下は男性では男性更年期障害の発症から勃起不全:EDを引き起こす事が有ります。


written by 新宿でバイアグラなら新宿ライフクリニック.

用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠