性腺刺激ホルモン産生下垂体腺腫の症状と治療



性腺刺激ホルモン産生下垂体腺腫の臨床像


【性腺刺激ホルモン産生下垂体腺腫とは】
性腺刺激ホルモン産生下垂体腺腫gonadotropin-producing pituitary adenomaとは、 性腺刺激ホルモン、通称ゴナドトロピンを産生する下垂体腫瘍を指します。


【下垂体腺腫とは】
下垂体腺腫には、ホルモン分泌機能性を持っている機能性の腫瘍と、 ホルモンがほとんど分泌されていない、 もしくは分泌はされているけども機能性がない非機能性の腫瘍とに分類されます。
性腺刺激ホルモン産生下垂体腺腫は、ホルモン産生をする機能性の腫瘍では稀であり、 成長ホルモンを産生する腫瘍やプロラクチンを産生する腫瘍の方が一般的です。
しかし、非機能性腫瘍の中では、機能性有さない、もしくは、 機能性を有すほど高用量の分泌がない性腺刺激ホルモン産生下垂体腺腫が比較的多く存在しており、 非機能性の腫瘍の中では、その頻度が高い可能性が示唆されています。


【傾向】
性腺刺激ホルモン産生下垂体腺腫は、大きくなる傾向があり、下垂体自体の圧迫による下垂体機能障害から、 結果的に性腺機能低下を示す事の方が多いとされています。


性腺機能低下は男性の場合は、男性更年期障害を通じてEDを発症する事が多いとされております。


written by 新宿でバイアグラ処方なら新宿ライフクリニック.

用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠