性腺刺激ホルモン放出ホルモンアナログ療法の実際



性腺刺激ホルモン放出ホルモンアナログ療法の適応


【性腺刺激ホルモン放出ホルモンアナログ療法】
性腺刺激ホルモン放出ホルモンアナログ療法とは、 化学的に修飾し合成された性腺刺激ホルモン放出ホルモンGnRH (性腺刺激ホルモン放出ホルモンアナログ)を利用した治療法です。
性腺刺激ホルモン放出ホルモンアナログには、 ゴナドトロピン放出ホルモンの作用を強化したアゴニスト(作動薬)と、 性腺刺激ホルモン放出ホルモンの作用を阻害する作用を持つアンタゴニスト(拮抗薬)が存在しており、 病状に合わせてこのアゴニスト(作動薬)とアンタゴニスト(拮抗薬)を使い分けます。


性腺刺激ホルモン放出ホルモンアナログは、 天然型のゴナドトロピン放出ホルモンが10個のアミノ酸から形成されている物質であるのに対し、 これらの構成アミノ酸を人工的に別のアミノ酸に置き換える事によって作られた、合成ペプチドです。
このアゴニスト(作動薬)は、人工授精などの生殖補助技術の一環として、 卵子の採取の際に、より多数の卵子が採取できるように使用される事があります。
また、アゴニスト(作動薬)は、使用後に体内起源の性腺刺激ホルモン分泌が低下するため、 それを利用してホルモン感受性のある疾患、すなわち子宮内膜症、 乳癌(閉経前)、前立腺癌などの治療の補助的治療法として使用される事があります。
一方、アンタゴニスト(拮抗薬)は、 これも生殖補助技術の一環として黄体化ホルモンのサージを抑制するために使用される事があります。


治療目的の人工的性腺刺激ホルモン分泌低下はホルモン感受性疾患、 特に癌などの補助的治療法として有効ですが、 性ステロイドホルモンの分泌低下から勃起不全:EDを発症する場合もあります。


【性腺刺激ホルモン放出ホルモン律動的投与法】
性腺刺激ホルモン放出ホルモン律動的投与法gonadotropin-releasing hormone pulsatile administrationとは、 性腺刺激ホルモン放出ホルモンアナログ化合物のアゴニスト(作動薬)を律動的に投与する事によって、 下垂体からの性腺刺激ホルモン分泌を正常レベルに改善する事を期待する治療法で、 下垂体性の排卵障害が原因の無月経や不妊症に対して使用される治療法です。

自然の月経においては、性腺刺激ホルモンは黄体期で約4時間毎に、 卵胞期で1~2時間毎に律動的に分泌されています。
性腺刺激ホルモン放出ホルモン律動的投与法は、 この自然の月経における卵胞期の律動的分泌を模倣するために、 性腺刺激ホルモン放出ホルモンアナログ化合物を静脈投与用ポンプ、 もしくは皮下投与用のポンプを使用して1~3時間毎に、これを投与します。
そのことによって自然の月経と同様の卵胞発育を促します。

こうした投与法の工夫は、男性の原発性下垂体機能低下症にも使用されます。
男性において後天的な下垂体が原因となる性腺の機能不全の発生は、 その症状としてEDを生じる時があります。

written by 新宿でバイアグラを処方いたします.

用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠