勃起不全の患者数はどんどん増加傾向にあります。



世界とアジアのED人口の増加

正規流通のバイアグラジェネリックを新宿で!新宿ライフクリニック!


【世界とアジアのED人口の増加】
世界でもアジアでもED人口は増加傾向を示しており、 世界では30年スパンで1億5300万人から3億2200万人に増加すると予測されていて、 その中でもアジアは30年スパンで8700万人から2億人に増加すると予測されております。
ED/勃起不全は日本人男性にとって宿命的な疾患と言えます。 本疾患は定義的には「満足な性行為を行うのに十分な勃起が得られないか、または維持できない状態」 と日本性機能学会などの学術団体で規定されています。 こうした状況は加齢の進行とともに悪化していく傾向にありますので、 世界でもまれにみる長寿大国と言えば聞こえはいいですが、 世界でもまれにみる高齢化社会を実現しつつある本邦・日本にとっては、 本疾患は当然増加傾向にある疾患です。 この傾向が継続すれば、本疾患の罹病患者さんは我々日本人にとって、 どんどん身近になって行く状況は否めません。
しかしそんなED人口が増加傾向にある日本の状況にも関わらず、 日本においては本疾患の加療は保険外診療、すなわち100%自費診療であるのが現状です。 性機能の障害は生活の質=QOLを低下させる傾向があり、 特に勃起不全の発症においてはその傾向はとても顕著であると報告されています。 疾病の存在下に生活が阻害されてしまう、 すなわち本疾患の本質は他の疾患と大きくは変わらないにも関わらず、 保険行政上、本疾患の加療は日蔭者扱いと言えます。
まだしも生殖を目的としていない性交のためのED加療が保険外なのは理解できるとしても、 挙児希望すなわち子作りをしている若いカップルの男性に発生したEDなどは、 保険診療の対象で良いのではないかと常々感じる所です。
またこうした行政からの配慮は少子化を抑制する一つのプランとして作用する可能性が多いにあり、 是非とも公的に推進して頂きたいと思われます。
このように日本そしてアジアにおけるED人口の増加は、社会としてどう対応すべきかと言った、 大きな影響力をもった社会的事象でもあると思われ、 なぜにED人口は日本そしてアジアまた世界で増加しているのか、 またそれを抑制するにはどうしたら良いのか、 こうした事を検討する事は非常に有意義と思われ、 以下にそれに関しての私見を記載しております。 ご参考にどうぞ。


【なぜED人口は世界で増加しているのか?】
世界においては30年スパンでED人口が1億5300万人から3億2200万人に増加すると推測されていると、 上記しましたが、何故にこれほどまでにED人口は世界で増加を続けているのでしょうか?
こうした背景には世界的な生活習慣病患者の爆発的増大が関連していると想定されています。 生活習慣病とは主に生活習慣の影響で発症・進行する疾患を指す言葉で、 そのほとんどは動脈硬化の形成・進行に関連してます。
生活習慣病は高血圧、糖尿病、脂質異常症などが代表的です。 これらは血管機能を阻害して動脈硬化を進行させ、 最終的には脳梗塞や心筋梗塞など致死性も懸念される重大な疾患を引き起こします。
じつは世界で罹病人口の増大しているEDもこうした血管機能障害や動脈硬化の影響下に発生、増悪します。 最近では動脈硬化による心筋梗塞などの大血管疾患の警告疾患として、 本疾患を扱おうという動きもあるくらいです。
世界における糖尿病、高血圧、脂質異常症などの生活習慣病の増大が、 ED人口の増大に大きな影響を与えているのはこうした関連性からなのです。


【なぜED人口はアジアで増加しているのか?】
世界だけでなくアジアにおいてもED人口は増大しており、 ED人口はアジアにおいて30年スパンで8700万人から2億人に増加すると想定されています。 このED罹病人口の増加率は比較するとアジアの方が世界全体よりも高い傾向にあり、 30年スパンでの、世界におけるED人口の増加が1億5300万人から3億2200万人で約2.1倍の増加率になり、 一方、アジアにおいては8700万人から2億人のED人口増加にて、その増加率は2.3倍で、 明らかにアジアにおけるED人口の増加率が高いばかりか、 推測される未来の世界ED人口3億2200万人に対して、 アジアが2億人となっており、世界のED人口の62%がアジア人になると想定されています。
アジアにおけるED人口が世界における同人口組成の多数派である事は、 アジアにおける人口爆発を考えると納得できますが、 増加率も高いという側面に関してはアジア人ならではの身体的特性が影響している側面は否めません。
じつはアジア人とくに日本人においては、欧米人に比較して同様な生活(とくに食生活) を継続した場合など、糖尿病や肥満などの生活習慣病が発症しやすい傾向があると、 以前から報告されています。 これは米国在住の日系人と同様なライフスタイルの欧米系を比較した検討など、 多角的な研究によって確認されている事象です。
全アジア規模で進行する欧米型の食生活の導入など、ライフスタイルの大きな変化は我々、 日本人を始め、アジア人の生活習慣病を増大させ、 ひいてはアジアにおけるED人口の増大に影響を与えている可能性が有ります。


【ED人口の増加を世界で、アジアで抑制するために】
世界で、またアジアで、そして日本で進行するED人口の増大を抑制するにはどうしたらよいのでしょうか?
加齢に伴うもの、すなわち高齢化社会の進行に伴う高齢者の増大が影響する本疾患人口の増加に関しては、 加齢を止める手立てはないので、実質アプローチ出来ないと言えます。 ゆえに加齢影響以外の他のED発症リスクの削減が対策としては具体的です。
つまりEDの大きな原因因子である、生活習慣病や前立腺肥大など疾病系原因へのアプローチです。 具体的には、生活習慣病:糖尿病・高血圧・脂質異常症などの予防的な発症抑制のための運動習慣の挿入、 食生活の高カロリー・高脂質・高糖質の改善。 また禁煙の指導・励行。 肥満者への適切なダイエット指導。 前立腺肥大症・慢性腎臓病・睡眠時無呼吸症候群・パーキンソン病などの神経疾患の予防もしくは、 改善もしくはコントロールなどがそれに相当すると思われます。
また発症してしまったEDに関しては現在、副作用が希薄で改善効果の高いPDE阻害薬である
バイアグラレビトラシアリスシルデナフィルが運用されており、 ED加療に関してはこれら勃起改善薬の出現以前に比較すると、 現在は非常に安全かつ容易になったと言えます。 EDはQOLを大きく下げて、生活の質を低下させてしまう可能性のある疾患因子です。 早期の加療介入を検討されて下さいませ。


written by 新宿で正規流通のシアリスを!新宿ライフクリニック!

用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠