性欲、勃起など性機能の複合的改善薬の検討



性欲と勃起のどちらも改善する可能性のある治療薬

新宿でバイアグラ販売なら新宿ライフクリニック。


【性欲の改善】
現在、性欲と勃起機能のどちらも改善させる治療薬が検討されています。 これはメラノコルチン受容体作動薬と呼ばれる薬剤で、 性機能における臨床試験において性欲と勃起機能のどちらもが同薬にて改善されたと報告されています。 またラットでの実験においてはメラノコルチン受容体作動薬によって明らかな性行動の促進効果が見られ、 これは性欲の改善によるものの可能性が高いと報告されています。
性欲とは人間の場合、性ホルモンの分泌増大とともに発生し、 視覚、触角、聴覚、嗅覚などの感覚の刺激また、 本人のイマジネーションなどが加わる事で、性行動に移行するレベルまで高まるとされています。 しかし人間の性欲は性ホルモンの分泌と必ず相関して高まる訳ではなく、 去勢状態や閉経後でも性欲は持続するとされています。
つまり性欲はホルモンなどの内因性物質だけでなく、 感覚、経験、想像力など様々な複合的要素によって合同で形成されている可能性が有り、 加齢などによる、これら性欲の構成因子の部分的障害は、 性交がしたいのに性欲が高まらないという、一見矛盾した状況を作り出します。 こうした状態は性機能障害の原因となる事が多く、 人によっては著しいQOL=「生活の質」の低下を結果として招きます。
以前より、こうした状態の治療が強く望まれていましたが現状、 性欲の改善を主目的とした有効な治療薬で厚生労働省によって認可されているものは非常に希薄で、 一部ホルモン補充療法などにそうした改善の傾向があると学会にて認識されているくらいです。
一部、誤解があるのはバイアグラ、レビトラ、シアリスなどのPDE5阻害薬に関してで、 これらは言わば陰茎局所の血管拡張薬にて、 性欲自体を高める作用は無く、 言うなれば性欲が有るのに勃起が出来ないという状況の為の改善薬です。
しかし今回ご紹介させて頂くメラノコルチン受容体作動薬には、 報告によれば勃起改善作用のみならず、性欲の改善の可能性もあると報告されており、 上述されたタイプの性機能障害などには非常に適した治療薬である可能性が示唆されております。
本項ではメラノコルチン受容体に関して、 またメラノコルチン受容体作動薬による性欲の亢進の報告、 また性欲改善を目的とした治療薬の開発上の問題点に関して記載させて頂いております。 ご参照くださいませ。


【メラノコルチン受容体とは】
性欲、勃起機能を共に改善させる可能性のあるメラノコルチン受容体作動薬とは、 メラノコルチン受容体を介して作用発現する薬剤です。
メラノコルチン受容体は大きく5種類のサブタイプに分かれており、 その分布はメラニン細胞、副腎皮質、肺、消化器と広範であり、 特に脳の海馬や視床下部などの中枢神経にも分布しております。 すなわちメラノコルチン類はこの受容体を介して中枢性の作用を発現させる傾向が有り、 その作用は摂食行動の制御などの他、性行動や勃起機能の制御にも及ぶとされております。
今回、ご紹介させて頂くメラノコルチン受容体作動薬の勃起機能の改善効果、 ならびに性欲の改善効果は、こうしたメラノコルチン類の生理的作用を利用したものになります。


【メラノコルチン受容体作動薬による性欲の改善報告】
報告としては、前述した臨床試験におけるメラノコルチン受容体作動薬による勃起機能の改善効果、 また性欲の増強効果が先行しますが、 本邦における最近の研究としては、 メラノコルチン受容体作動薬によるラットの性行動の明らかな改善が報告されております。
その内容としては心理ストレス負荷によって性行動を抑制された雄のラットに対して、 メラノコルチン受容体作動薬を投与し、 投与群と非投与群との間で性行動上の差が有るかどうかを、 4種の性行動パラメータ(マウント、挿入、射精など)をもって観察したものです。
実験の結果、挿入と射精における性行動においてメラノコルチン受容体作動薬投与群に、 明かな性行動の改善が出現し、 ストレス性の性機能障害、性行動の抑制に対する、 メラノコルチン受容体作動薬の改善効果を示唆する結果となったとの事でした。


【性欲改善を目的とした治療薬の開発上の問題】
バイアグラなどの勃起を改善させる薬剤と違い、 メラノコルチン受容体作動薬などの性欲の改善を目的とした薬剤の開発には、 それ特有の問題が有ります。
勃起の改善は質的な定量評価が出来ます。 なぜならば勃起が有る、無いは現象として直裁に判断する事ができるからです。 しかし性欲は一種の感覚であり、前述致しましたが、 ホルモン等の内因性物質、感覚の刺激、想像力、経験など、 多数の因子の複合的作用によって発生するものにて、質的な定量評価が非常に難しいと言えます。
性欲を感じた、感じないという質問紙的な解析においても、 上述したメラノコルチン受容体作動薬以外の多数の因子の影響を受けて、 性欲が発生している可能性が常に考慮され、 こうした他の因子の影響は完全には除外しきれない、 若しくは除外し難いものと思われます。
また性欲を改善させる薬剤の社会的問題点としては、 実用段階になった状況における第三者への悪用が危惧される所です。 メラノコルチン受容体作動薬には、自制力を抑制する様な作用の評価はされておりませんが、 こうした性欲が障害されている患者さんの為のお薬が、 こうした状態に無い非処方対象者に使用されてしまう可能性は常に危惧されます。
メラノコルチン受容体作動薬などの性欲に作用する薬剤の実用段階においては、 その悪用の予防のために、様々な規制が必要になってくる可能性も有ります。 そうした規制を検討する上でもこうした薬剤は、その薬効動態やその効果を厳密に解析し、 把握する必要性が高いと思われます。


written by 新宿でシアリス購入のご相談なら、新宿ライフクリニック.

用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠