性交後ピルと社会的女性の権利



緊急避妊における性交後ピルの役割

【性交後ピルとは】
性交後ピルmorning-after pillとはアフターピルとも呼ばれ、 通常の低用量ピルなどと違い、 定期的に服用して避妊効果を示すものではなく、 性行為以降に緊急措置的に避妊を目的として使用される避妊薬になります。


【性交後ピルでは無い、通常のピルとは】
性交後ピルでは無い、通常のピルと呼ばれているものは、 日々 合成エストロゲンと合成プロゲストーゲンの配合剤を服用する事によって、 主に排卵抑制効果から性交の際の卵子の受精を防ぐシステムになっています。 特に昨今、使用頻度が高い、 低用量ピルに関しては合成エストロゲンの含有量を削減する事によってピル使用に伴う副作用の発現を削減させています。


【性交後ピルの避妊効果】
性交後ピルとは通常のピル同様に合成エストロゲンと合成プロゲストーゲンの配合剤になりますが、 通常のピルに比較するとそれらの合成女性ホルモンの含有量が高用量になります。 性交後ピルは性行為以降の緊急措置的なニュアンスで使用するものであり、定期的に使用するものではないので、 通常のピルのように事前の排卵抑制効果は見込めません。 すなわち、その効果は受精の阻害であったり着床障害が基本になります。 ゆえに性交後ピルは通常の低用量ピルに比較すると避妊効果が下がってしまう事は否めません。 一般に性交後ピルは性行為以降の72時間以内に使用します。


written by レビトラを新宿の正規品を処方いたします.

用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠