精子死滅症と男性不妊



精子死滅症の原因と診断


【精子死滅症とは】
精子死滅症necrozoospermiaとは、 精液検査にて精液中の精子に全く運動性がみられない状態を示す疾患病名になります。
精子死滅症は主に運動面での診断になり、特にその密度や総数、奇形数は疾患概念に関連しません。
精子運動率が認められない場合、精子死滅と、精子は生きているが運動能がない精子不動症を考えます。
やはり、男性不妊症の原因となります。


【精子死滅症の診断】
正常な精液の精子運動率は、60%以上である事とされておりますが、 この運動率が極端に低下している状態が精子死滅症に該当します。
先にも述べましたが、精子数は問題では有りません。
正常な精液所見については、 精子運動率のページをご覧ください。


【精子死滅症の原因】
精子死滅症は、全く運動している精子が見られない状態になり、こうした数や濃度の異常でなく、 運動率の異常を生じる因子に関しては様々なものが考えられます。 数でなく運動率に特異的に影響を与える因子の代表的なものとしては、 抗精子抗体における凝集素などがあります。 これらの抗体は、精路から血液中に精子が迷入する事によって抗原として認知され、産生されます。 原因として精路の閉塞、精路の感染症、精巣温度の上昇、精巣の物理的損傷、遺伝などが関連します。


written by 新宿でレビトラの正規品を処方いたします。

用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠