精液過少症と不妊症



精液過少症の診断基準

新宿でバイアグラは新宿ライフクリニック


【精液過少症とは】
精液過少症oligospermiaとは、精子欠乏症oligozoospermiaまたは減少症hypospermiaとも呼ばれ、 精液に内包される精子の数が、規定された標準値を下回る状態を示す病名です。
精液は、細胞成分と液体成分に分けられますが、細胞成分が少ない、つまり精子の密度・総数が少ない状態が精液過少症です。 精液量で定義はされておりません。
精液過少症は男性不妊症の原因の一つです。


【診断基準】
WHO/世界保健機構による精液過少症の診断基準では、 射出された1mlあたりにて精子2000万個を下回ると本疾患と診断されます。
精子の濃度はメクラーチャンバーと光学顕微鏡を使用して計測されます。 ちなみに、計測上で精子が完全に存在しない場合は無精子症の診断になります。
一方、精液過少症の対義語たる精液過多症は、 本疾患と違い精子の濃度では無く、精液の量をもって判定されます。


【精液過少症と男性不妊症】
精液過少症は男性側が原因の不妊症すなわち男性不妊の原因の一つです。
精子の密度・総数の少なさ自体が男性不妊の診断基準に入っています。


written by 新宿でシアリスの正規品を処方いたします.

用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠