精巣固定術の実際



精巣固定術の適応


【精巣固定術とは】
精巣固定術orchiopexyとは、主に 停留精巣 のような精巣の位置異常に対して施行される、 外科手術になります。
多くは、幼少期に施行されます。


【精巣固定術の実際の施行方法】
実際の方法は、鼠径部は同部から手術的アプローチをしますが、腹腔内は腹腔鏡にて手術するのが一般的です。
まず、停留等のある精巣を精索も含めて周囲の組織から丁寧に剥離します。
剥離した器官を、陰嚢内においてウィンズリー・ホワイト法などを使用して挿入固定します。
剥離したものが極端に小さい場合は、固定せずに摘出する場合もございます。
尚、精索血管が短い場合には、顕微鏡的血管吻合も検討されます。
手術は、小児外科医もしくは小児泌尿器科医などの専門家が施行するのが望ましく、 原因疾患が停留精巣の場合、精巣萎縮の可逆性を考慮して5歳までに行われる場合が多いとされています。


written by 新宿でレビトラなら新宿ライフクリニック.

用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠