精液過多症の臨床像



精液過多の診断と病的意義

新宿でバイアグラ処方なら新宿ライフクリニック.


【精液過多症とは】
精液過多症polyspermiaとは、正常の基準よりも精液の量が多い状態の事になります。 精液過多症は多精子症ともよばれる場合があります。


【精液過多症の精液とは】
精液過多症の精液とは、 男性が性行為に際して、性的興奮の高まりとともに陰茎から射出する精子を内包したゲル状の物質になります。 精液は液体成分である精漿と細胞成分である精子にて構成されています。 精漿は精子を生産する精巣周辺の器官である輸精管、精嚢等で生産される分泌物が集まって構成されたもので、 精液の粘性はおもに精嚢から分泌された液体の性状によるものです。 この精液が基準よりも多い状態が精液過多症になります。


【精液過多症の診断における精液の基準とは】
精液過多症の診断における精液の基準ですが、通常精液は1mlあたりに2000万の精子を内包しており、 精液の量は総量で1.5~6mlほど射出されます。これは平均では3mlほどになります。 精液過多症はこの正常者の射出量を大きく上回る場合を言います。 一方、精液過多症の対義語に相当する精液過少症 は精液過多症と違い精液自体の量ではなく、 射出される精子の濃度が1mlあたり2000万を切るとそのように定義されます。


【精液過多症の病的な意義】
精液過少症に関しては臨床的には男性が原因の不妊症、すなわち男性不妊につながる疾患になりますが、 精液過多症に関しては臨床的な意義ははっきりとしたものはありません。 精液の量や精液中に内包される精子の数、またはそれらの運動能は、妊娠率と大きく関連があり、 これらに問題がある場合は男性不妊になる場合もあります。 一方、男性不妊の他の原因としては勃起不全:EDがあります。


written by 新宿でバイアグラなら新宿ライフクリニック.

用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠