性交後検査の意義



性交後検査と不妊


【性交後検査とは】
性交後検査post coitaltestとはヒューナー試験Huhner testとも言い、 不妊症の検査の一つになります。 性交後検査は性交終了以降の女性の内生殖器から検体を採取して、 光学顕微鏡にてチェックする検査になります。


【性交後検査が施行される不妊症とは】
性交後検査が施行される不妊症とは、 定義上 妊娠を希望する生殖年齢に達している男女が一定の期間の間、 性生活を送っているにも関わらす妊娠しない状態を指します。 不妊症には原発不妊と続発不妊があり、原発不妊とは今まで妊娠した事がない方の不妊症の状態を示し、 男性因子や内分泌因子など数多の原因が勘案されます。 対して続発不妊は以前に妊娠した事がある方の不妊症の状態を示し、 原発不妊に数多の原因が勘案されるのに対して、 続発不妊は卵管性因子、子宮性因子が原因である事が多いとされています。 性交後検査にてチェックしているものは主に男性因子による不妊症であり、 性交後検査は原発不妊の検査としてはごく一般的です。


【性交後検査の実際】
性交後検査は具体的には一定の期間、禁欲状態でいてもらった後に、 検査対象カップルに排卵日と思われる日に性交を実行させ、 性交終了3時間経過のタイミングにて女性の内生殖器の各部位から、 内溶液を採取して、その内溶液の中の精子の数・そして運動能を確認します。 精子の数や運動能に問題がある場合には男性因子による不妊症である可能性が有ります。


検査時に際して、バイアグラ、レビトラシアリスの服用は、影響を及ぼしません・


written by 新宿でバイアグラの正規品を処方いたします.

用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠