前立腺液の役割



前立腺液と不妊症の関係

新宿でバイアグラは新宿ライフクリニック


【前立腺液とは】
前立腺液は、精液を構成する成分の一つで、受精を考える上で、大事な特性有しています。
精子の成熟を促す機能や、精子を細菌から防御する機能が有り、 これらの機能が障害される事は、受精率の低下を招く可能性がございます。
また、精漿の精嚢液が精子の運動を抑制する一方、本分泌物は精子の運動を促進する機能が有ります。
前立腺液の機能的障害は、男性不妊症の発症に関わります。
また本分泌物は、 前立腺癌などの前立腺腫瘍、 前立腺炎症候群 などの疾患の診断に有用な検査検体でも有ります。


【前立腺液の特性】
前立腺液は、精液の液体成分である 精漿の一部を形成します。
前立腺液は、射出される精液の前半部に多く、前立腺液は全体の15~30%を占めます。
弱酸性かつ無色透明で、亜鉛・カルシウム・マグネシウムなどの金属を多く含む特徴があります。


【前立腺液と疾患の関連】
前立腺液は、幾多の疾患の検査に非常に有用な検体です。
慢性細菌性前立腺炎においては、同器官のマッサージ前後の前立腺液において、 マッサージ後の検体からのみ有意菌の検出を見る事で、本疾患の診断の一助となります。
また、非細菌性前立腺炎においては本分泌物に白血球を認めるも、 検体から有意菌の検出がみられない事が、診断の一助となります。
また、前立腺腫瘍においては、本分泌物の細胞診は非常に重要な検査所見になります。
その他、前立腺結核においては、本分泌物が不随意に尿道より漏れ出る前立腺漏と言う症状があり、 これも問診上、当疾患を判別する上で大事な情報です。


【前立腺液と精液の証明】
精液が射出されたという証明に、各種試薬や紫外線などが利用されます。
前立腺液は酸性フォスファターゼが多い為に、SM試薬を使用する事で赤紫色の陽性検出が可能です。
その他、精漿自体は、紫外線を照射する事で蛍光色を発する傾向があり、この特性も利用されます。


written by 新宿でシアリスなら新宿ライフクリニック.

用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠