前立腺肥大症に伴うEDの治療希望者の割合。



前立腺肥大症(benign prostatic hyperplasia)と勃起不全

バイアグラジェネリックを新宿で!新宿ライフクリニック!


【前立腺肥大症(benign prostatic hyperplasia)と勃起不全】
前立腺肥大症(以下.benign prostatic hyperplasia;BPH)にともなう、 下部尿路症状は勃起不全発症に有意にかかわるとされていますが、 こうしたbenign prostatic hyperplasiaに合併した勃起不全に対しての治療希望者は実は多くは無く、 その割合は2割を切ると報告されています。
ED合併が高頻度とされるbenign prostatic hyperplasiaは非常にポピュラーな男性の疾患です。 統計調査によると55歳以上の5人に一人はbenign prostatic hyperplasiaで、 その推定患者数は日本国内で400万人とも言われています。
この疾患は主に年齢を重ねる事によって前立腺の内側である内腺が大きくなって行き、 尿の通り道である尿道を圧迫することで下部尿路症状つまり排尿の障害を引き起こします。
この内腺が大きくなる原因としては、 男性ホルモンの代謝物であるジヒドロテストステロンの異常な蓄積などが関連すると言われています。 このジヒドロテストステロンは男性型脱毛症:AGAの原因物質とも言われていて、 男性型脱毛症の治療薬:プロペシアなどは、 この男性ホルモンの代謝物をブロックする作用が主体なのですが、 もともとは本薬剤はbenign prostatic hyperplasia用の薬剤がベースだったとの事です。
このbenign prostatic hyperplasiaという疾患は30~40歳くらいで認められ、 70歳くらいではほとんど全例の男性に見られますが、 実際に下部尿路症状を呈するようになるのは10~20%くらいです。
上記した統計調査によるとbenign prostatic hyperplasiaの推定患者数は、 400万人くらいとされていますので、 ざっくり計算すると約40~80万人が下部尿路症状を呈しており、 かつ勃起不全発症のリスクがあると想定されます。 これは実際の所、莫大な患者数と言え、 QOL=生活の質の根幹の一つと認識される性生活へbenign prostatic hyperplasiaが及ぼす悪影響は、 社会的にも大きな問題です。
しかし、今回ご紹介させていただく報告上ではbenign prostatic hyperplasiaに伴う、 勃起不全に悩まされてはいても、 その治療を希望される方の割合は、相対的に少ない可能性がある事を示唆しております。 なぜ性生活はQOLの根幹の一つであるのに、 benign prostatic hyperplasiaにおける勃起不全の治療希望者の割合は少なくなるのでしょうか?
本項ではこうした前立腺肥大症:benign prostatic hyperplasiaによる勃起不全発症のロジック、 benign prostatic hyperplasiaにおける勃起不全治療希望者の割合の報告、 ならびにそれに対する考察に関して記載しております。どうぞご参照くださいませ。


【benign prostatic hyperplasiaによる勃起不全発症のロジック】
世界中の成人男性の5~20%がED/勃起不全と推定されています。 このリスクファクターは加齢や喫煙、高血圧などの生活習慣病、 また肥満、運動不足などの習慣に基づくもの、 うつ状態などの心因、慢性腎臓病などの内臓の慢性疾患、 降圧薬や向精神薬などの薬剤性のものなど、実は無数にあるとされています。
そしてbenign prostatic hyperplasia:前立腺肥大もまたこのリスクファクターに内包されると、 報告されています。
なぜbenign prostatic hyperplasiaは勃起不全発症のリスクファクターなのでしょうか? これはbenign prostatic hyperplasiaに伴う下部尿路症状つまり排尿の障害が関連しているとされています。
実際に勃起不全の重症度と下部尿路症状の重症度は用量的な相関関係があると報告されており、 つまりbenign prostatic hyperplasiaに伴う下部尿路症状が悪化すればするほどそれに伴う、 勃起不全も増悪するという事です。
それでは、なぜにbenign prostatic hyperplasiaに伴う下部尿路症状は勃起不全発症に関連するのでしょうか?
これは、下部尿路症状が発生すると交感神経系の過剰活動やNOS/NO比の低下が引き起こされて、 神経活動の障害や血管機能障害をそれぞれに発生させ、 それが神経と血管の活動で惹起される生理作用の勃起機能を障害し、 最終的に勃起不全を引き起こす事が原因と考えられています。
また下部尿路症状によって膀胱が慢性的に大きくなることで、 骨盤内の他の組織を圧迫しそれが血行不良を引き起こすことも勃起不全発症の原因にかかわると想定されています。


【benign prostatic hyperplasiaにおける勃起不全治療希望者の割合の報告】
この報告によると総数261名のbenign prostatic hyperplasia:前立腺肥大患症患者で、 性機能問診票をきちんと記載し、 欠損データのないものが65名だったとの事です。
この中で性機能が不十分だと回答した人は75.4%と非常に高い割合だったのですが、 それを薬物的に勃起不全を改善したいと回答した人は全体のたった18.4%に過ぎなかったとのことです。 その上、この18.4%の薬物的に勃起不全を改善したいと希望された人のうち、 実際にバイアグラ、 レビトラ、シアリス、シルデナフィルなどのPDE5阻害薬の処方を受けた方は、 全体のたった3%ほどにすぎなかったとの事です。
日本に勃起不全改善を主作用としたバイアグラが発売されて10年以上が経過し、 これらED治療薬の存在が一般性を持った今でも、 一般の方にとって勃起不全の薬物的改善には抵抗感があるのかもも知れません。 しかしその抵抗感はどのような事から発生するのでしょうか?


【benign prostatic hyperplasiaにおける勃起不全治療希望者が少ない事に関する考察】
上記にbenign prostatic hyperplasia:前立腺肥大症患者さんにおける勃起不全の薬物的改善への抵抗感のお話しをしましたが、 benign prostatic hyperplasiaにおける勃起不全治療希望者が少ないことに関しての考察をいたしますと、 大きく二点の原因が浮かび上がってきます。
一つは日本人のセックス頻度の低さです。 実は国際的統計上、日本人のセックスの頻度は欧米はもとより、 近隣のアジア諸国に比較しても低い傾向が指摘されています。
この傾向はお若い方にも見られるものなので、年齢を重ね、体力の低下した中高年においては、 その傾向はより強まると思われます。
benign prostatic hyperplasiaは年齢を重ねる事で罹患率が上昇する疾病なので、 勃起不全治療希望者の低さはbenign prostatic hyperplasia患者に特有なものではなく、 日本人の中高年における傾向を示唆している可能性があります。
そしてもう一つの原因は、勃起不全治療薬であるバイアグラ、 レビトラ、シアリス、 シルデナフィルのパブリックイメージの問題かもしれません。 これらが非常に安全域が高く、勃起不全の改善に効果的であることは、 医療従事者なら良く知っている事実ですが、 こうした処方箋医薬品は本邦において一般に、 テレビや新聞などの公共情報における説明に規制がある事もあり、 オフィシャルな情報を一般のユーザーに届ける事が非常に難しい傾向があります。 ゆえに一般の方がインターネットなどで展開している個人的な感想や意見が、 その評価や情報の主体となってしまう傾向が否めません。
その上、インターネット通販上には勃起不全改善薬の偽造品や、 違法品の販売業者がたくさん存在しているので、 現状はオフィシャルかつ公平な情報は希少で、むしろ情報の発信元は悪質な業者が多いという状況が有ります。
こうした状況がバイアグラ、レビトラ、シアリス、 シルデナフィルの一般的なイメージを大きく損ない。 benign prostatic hyperplasiaなどによる勃起不全の治療希望者を遠ざけている一つの可能性があります。
しかし実はバイアグラ、レビトラ、シアリス、シルデナフィルの正規品は、 benign prostatic hyperplasiaの改善には、どちらかというと良い影響をもたらすと報告されている事もあり、 benign prostatic hyperplasiaに伴う勃起不全への使用は非常に合目的と言えます。 実際にシアリスの低用量製剤(ザルティア)がbenign prostatic hyperplasiaに伴う排尿障害に対して、 日本国内で適応が通っています。
ぜひともbenign prostatic hyperplasiaに伴う勃起不全でお悩みの方には、 これらED治療薬をお試しいただきたいと思われます。


written by シアリス処方を新宿で!新宿ライフクリニック!

用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠