精液semenと検査からわかる病気



精液と男性不妊

新宿でバイアグラなら新宿ライフクリニック.


精液とは、 射精時に分泌される粘性の液体で、細胞成分と液体成分 (精漿) で構成されます。
細胞成分とは精子のことであり、 液体成分は、精子の生存に有利になるよう作用する分泌物です。
精巣周囲の精管や精巣上体で分泌され、精子の運動に必要な栄養成分と環境を提供します。
ph(ペーハー)の調節もその一つで、精子は、酸性下では、すぐ弱ってしまいます。 しかし、女性膣内は、感染症の防備等の理由で弱酸性に保たれています。 精液の主成分である 前立腺液 は弱アルカリ性で、射精時に、前立腺液を同時に提供することにより、 精子の活動に好影響を与えます。

通常、精液は一回の射精あたりに平均3mlほど射出されます。
そのうち精子は精液1mlあたりに2000万個ほど内包されます。
PHは7.5前後とされています。


【検査】

精液検査sperm function testとは、まず第一に行う 男性不妊 の検査で鏡検的にチェックします。
精液は、先にも述べましたが、細胞成分である精子と、液性成分である精漿によって構成されており、 妊娠率に、その量、濃度、運動能、奇形率などが大きく関連します。


精液検査はまず、対象者に射精をしない禁欲期間を設定します。
禁欲期間は、2~7日もしくは4~5日にて設定されます。
その禁欲期間の後に用手的に精液を採取し、精子細胞に対する毒性に配慮された容器にて、 精液を安置して液状化させ、メクラーチェンバーMakler Chamber:マクラー精子計算盤を用いて、 光学顕微鏡にて200倍で検鏡します。


精液ならびに精子の基準値は、 精子奇形率 が30%未満、 精子運動率 が50もしくは60%以上、 精子の濃度が精液1mlあたり2000万個以上、 また、精子運動能指数 :SMEIが70以上を正常としています。
特に、精子運動指数は、妊娠率と良い相関をしめすとされています。
こうした検査にて、無精子症精子減少症が診断されます。


written by バイアグラviagraを東京で.新宿ライフクリニック

用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠