精液銀行の役割



精液銀行は精子の貯蔵機関

新宿でバイアグラなら新宿ライフクリニック.


【精液銀行とは】
精液銀行とは生殖補助技術を支える1システムであり、 人工授精のために男性の配偶子である精子を凍結保存しておくための施設になります。 精液銀行は貯蔵のニュアンスを込めた用語であり、精液銀行に特に利殖的要素は一切ありません。


【精液銀行が関連する人工授精とは】
精液銀行が関連する人工授精とは、 生殖補助技術の中核をなす技術であり、不妊症に対応した治療の手段の一つになります。 人工授精は配偶者における精子が少ない状態である精子減少症や、 精子が精液中に存在しない無精子症などの場合で、 妻側の卵巣・子宮などの生殖臓器機能が正常である場合などに選択される処置です。 人工授精では通常の方法で精子の採取が出来ない場合は 電気射精法精管精子吸引法 などによって採取する事が有ります。


【精液銀行が関連した人工授精の実際の方法】
精液銀行が関連した人工授精の実際の方法としては、 妻側の卵胞の発育を超音波検査などで経過観察し、 排卵日のタイミングで別途、凍結保存してあった夫もしくは他人の精液を解凍して、 精子を洗浄し、濃縮させて妻の子宮内に注入し受精を促します。 精子減少症の場合は精液銀行より夫の配偶子を使用する事が、 また無精子症の場合は他人の配偶子を使用する事があります。


【精液銀行における精子の保存】
精液銀行における配偶子の保存は凍結保存が基本です。 精子はその生育過程で細胞質が減少して行きますので、 通常の細胞では細胞質の存在が凍結保存に対して不利に働くのに対して、精子ではそれが無いので、 こうした凍結保存システムなどでは効率良く保存出来ます。


無精子症や精子減少症は男性が因子の不妊症、すなわち男性不妊の原因になる場合があります。 ED:勃起不全もまた、男性不妊の原因になり得ます。


用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠