精液保存法の重要性



精液保存法の実際

written by 新宿でバイアグラなら新宿ライフクリニック.


【精液保存法とは】
精液保存法semen storageとは、 細胞を凍結する技術を応用した精子の保存技術になります。 精子はもともと細胞を凍結させるのに不都合な細胞質が少ない細胞になるので、 精液保存法などの凍結保存に適した細胞でした。
こうした精液保存法は、不妊症で苦しむ数多くの夫婦を治療する妊娠補助技術の中核をなす技術になります。 保存される精液はナチュラルな方法で採取できない場合は、 電気射精法精管精子吸引法 等によって採取する事が有ります。


【精液保存法の実際】
精液保存法は実際には、採取した精子を洗浄した後、濃縮させ凍結保存専用の保存液と混合させ、 専用の凍結保存用のチューブに入れて保存します。
凍結に関しては液体窒素を使用する事が多いです。
この方法にてストックされた精液は、使用時には凍結精液を微温湯を使用してゆっくり時間をかけて解凍する必要が有ります。
こうした精液保存法は、体外受精などに使用されるのが一般的です。


【精液保存法が使用される体外受精とは】
精液保存法が使用される体外受精とは、 卵管に障害があり、卵子の子宮壁への着床が障害される状況や、 男性の精液中の精子の濃度が薄い精子減少症や精子が精液に存在しない無精子症の場合などに、 凍結保存された配偶者もしくは非配偶者の精子を体外にて、 事前に採取した卵子に受精させる技術の事を言います。
体外にて受精させた受精卵は、4細胞胚まで成長させてから経膣的に子宮に着床させます。


【卵子の採取】
精液保存法が使用される体外受精における卵子の採取方法としては、 経膣超音波検査にて卵胞のサイズを時系列的に観察して、 排卵に適したタイミングを押さえて、卵子を保存的に採取します。 経膣超音波検査は卵胞の成長の観察、また採卵に欠かせない検査技術になります。


written by 新宿でED治療なら新宿ライフクリニック.

用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠