性ステロイドホルモンと性機能



性ステロイドホルモンの作用


【性ステロイドホルモンとは】
性ステロイドホルモンsex steroid hormoneとは、 性腺より分泌される性に関連した内因性物質の事で、 おもに男性ホルモンとして作用するアンドロゲン、 そして主に女性ホルモンとして作用する卵胞ホルモン活性を持つエストロゲン、 そして黄体ホルモン活性を持つプロゲステロンがこの内因性物質に該当します。


【性ステロイド受容体とは】
性ステロイド受容体sex steroid receptorとは、これらの受容体です。 通常の受容体が主に細胞膜に存在するのに対し、性ステロイド受容体は細胞内の核や細胞質内に存在します。

性ステロイド受容体は上記の性ステロイドと細胞質内で結合して、その後核内に入り込み、 DNAの転写調節から様々な生理的作用を示します。
性ステロイド受容体はレチノイドなどと共に細胞内受容体スーパーファミリーを構成します。


【分泌のコントロール】
こうした性ステロイドホルモンは上位ホルモンと連動してフィードバックによる分泌量のコントロールがなされています。 一例としてはエストロゲンの増加は視床下部・下垂体へ影響して卵胞刺激ホルモン:FSHの分泌抑制が生じます。 これはフィードバックの内、この内因性物質によるネガティブフィードバックによる作用になります。


性ステロイドホルモンの分泌障害は男性では男性更年期障害を経て勃起不全症:EDを発症する事があります。

【性ステロイド補充療法とは】
性ステロイド補充療法sex steroid hormone replacement therapyでは、 男性ホルモン活性を持つアンドロゲン、女性ホルモンの主体で卵胞ホルモン活性を持つ エストロゲン、 黄体ホルモン活性を持つプロゲステロンなどの性ステロイドホルモンを利用いたします。


written by 新宿でシアリスなら新宿ライフクリニック.

用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠