性嫌悪障害の臨床像



性嫌悪障害の原因と治療


【性嫌悪障害とは】
性嫌悪障害sexual aversion disorderとは性機能不全における三つの障害のうち、 性的欲求の障害に該当します。 性嫌悪障害とは性的な接触の全て、もしくはほとんどを継続的に激しく嫌悪し、 性行為に関連した行為を避けようとする事によって精神的な苦痛が発生したり、 パートナーとの関係を保つ事が難しい状況を言います。


【性嫌悪障害が該当する性機能不全の性的欲求の障害とは】
性機能不全とは性的欲求の出現、性的刺激による性的興奮の出現、 オルガズムへの到達のいずれかの過程での不全状態が発生し、 結果として交接が上手くいかいない状態を指します。 性嫌悪障害はこの内の性的欲求の不全状態に起因した障害になります。


【性嫌悪障害にて障害される性的欲求の仕組み】
性嫌悪障害にて不全状態になる性的欲求とは、 男性であれば主にテストステロン、 女性であれば主にエストロゲンなどの性ホルモンの血中濃度の変動に、 視覚・聴覚・触覚などの性的な感覚刺激の入力、また妄想などのイマジネーションが合わさり、 それら複合的な刺激により惹起される本能的な欲求になります。 この性的欲求を構成する各システムの不全状態も性嫌悪障害の発生に関わる可能性が有ります。


【性嫌悪障害の原因と治療】
性嫌悪障害の根幹たる性的欲求の不全状態は性ホルモンの分泌異常などでも発生しますが、 本疾患の場合は単に性的欲求がわかないという状況では無く、性行為を嫌悪した状態であり、 基本的には心理因子が主因となって発生します。 本疾患は強姦や性的虐待の結果として発生する事があり、 こうした事象による深いトラウマに起因する事があります。 こうした場合は本疾患の発症のみにとどまらず、 他の心理因子によって発生する心理的問題が伴う場合が多いとされています。 深いトラウマに起因した場合、本疾患の治療は、 周囲の理解と時間をかけた長期的展望にのっとった治療が望ましいとされています。


written by 新宿でシアリスなら新宿ライフクリニック.

用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠