精索の説明



精索の解剖学的特徴


【精索とは】
精索とは、精管を内包する、動静脈などの脈管、また神経や筋肉、 そして結合組織によって束ねられ形成された、陰嚢内の長さが10㎝強くらいの索状構造物になります。
精索は、精管を保護しつつ、浅鼠径輪をとおって鼠径管に入り、深鼠径輪に至ります。


written by 新宿でレビトラを処方いたします.

用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠