精索ヘルニアの臨床



精索ヘルニアの原因と治療


【精索ヘルニアとは】
精索ヘルニアとは、腹膜鞘状突起の腹膜側が先天的もしくは後天的理由で開放しているために、 腹腔臓器がそこから脱出している病態です。
精索部にとどまるヘルニアになります。


【精索ヘルニアのヘルニアとは】
ヘルニアとは、定義的には、先天的もしくは後天的な抵抗減弱部や裂隙から、 生体組織や臓器が脱出した状態とされています。
脱出臓器が壁側腹膜に被覆されている状態のものを真性、 脱出臓器が壁側腹膜に被覆されていない状態のものを仮性と呼びます。
本疾患は外鼠径ヘルニアに該当する疾患で、 腹腔臓器の脱出は、精索部まで至るも精巣までは至らないものになります。


【精索ヘルニアの傾向と治療法】
精索ヘルニアの中身、すなわち脱出した生体組織や臓器は、小腸や結腸などが主体になります。 精索ヘルニアの症状は、脱出臓器の種類とそのボリュームに左右されますが、 基本的には重圧感や牽引痛、排便障害などが見られます。
治療には保存的方法と手術的方法があり、手術的方法は根治手術になります。


written by 新宿でレビトラなら新宿ライフクリニック.

用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠