精子細胞と減数分裂



精子細胞と精子


【精子細胞とは】
精子細胞spermatidとは精細管の中で精母細胞から形成される、 男性配偶子である精子の元になる細胞になります。


【精子細胞の形成】
精母細胞はもともと精祖細胞が分化して出来たものであり、 精母細胞が減数分裂を二回する事で4つの精子細胞が形成されます。 減数分裂とは男女問わず配偶子の形成過程にて見られる染色体の数が半分になる有糸分裂の事になります。


【男性配偶子の形成】
精母細胞からできた精子細胞は精巣内の曲精細管の中で男性配偶子に組み上げられます。 曲精細管の壁を構成するセルトリ細胞の胞体陥凹の中で遠位中心子から鞭毛等が作られて、 男性配偶子が形成されて行きます。


【精子細胞の搬送】
精巣内の小葉には曲精細管と直精細管とがあり、 精子細胞の形成ならびに男性配偶子の形成は曲精細管で施行され、 完成した男性配偶子は直精細管から始まる精路を通って体外までの長い旅に出ます。


こうした男性配偶子の形成過程における障害は、男性不妊の原因になる場合があります。


written by 新宿でシアリスの正規品を処方いたします.

用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠