精子形成障害の臨床



精子形成障害の原因


【精子形成障害とは】
精子形成障害spermatogenic disorderとは、 精子細胞から精子が作られる過程すなわち精子形成spermiogenesisが障害、不全化する事により、 精液中の精子の数が減少する状態になります。
程度にもよりますが、 男性不妊症の原因になる場合があります。
本病態による男性不妊は全体の80%を占めるとされており、 実質的に本病態が男性不妊の主因子と言う事ができます。


【精子形成障害の過程】
精子発生には大きく二つの形成過程が関連します。
一つは精母細胞形成と言って、精祖細胞から二回の減数分裂を経て精子細胞が形成される過程になります。 もう一つは精子形成と言って、精子細胞から精子が形成される過程になり、 精子形成障害とはこの過程の障害になります。


【精子形成障害の原因とは】
男性配偶子の生成は男性ホルモンの分泌によって調整されているため、 男性ホルモンの分泌低下が発生すると精子形成障害が発生する事が有ります。 他にも本病態は精細管のパラクリンによっても発生します。


【男性不妊の定義】
本疾患はこのうち、精子の数に影響し、無精子症や精子欠乏症の原因となります。
男性不妊の精液所見ですが、精子運動率のページで解説いたしておりますので、 ここでは割愛いたします。


written by 新宿でバイアグラなら新宿ライフクリニック.

用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠