精子性肉芽腫の臨床像



精子性肉芽腫の原因と好発部位

新宿でレビトラなら新宿ライフクリニック.


【精子性肉芽腫】
精子性肉芽腫spermatogenic granulomaとは、 精子/男性配偶子が何らかの疾患による炎症や物理的外傷によって、 精路の間質組織内に迷入する事によって肉芽腫が形成される疾患の事になります。


【精子性肉芽腫の肉芽腫とは】
精子性肉芽腫の肉芽腫とは、慢性的な炎症反応によって形成される特異的な組織表現型になります。 肉芽腫は種類として炎症性肉芽腫、 縫合糸性肉芽腫、乾酪性肉芽腫、脂肪肉芽腫、組織球性肉芽腫などが有ります。
精子性肉芽腫はこの内の炎症性肉芽腫に該当します。


【精子性肉芽腫の形成過程】
精子性肉芽腫は病理組織的には男性配偶子の侵入によって好中球浸潤が始まり、 その影響で単核細胞の貪食が始まって結果として結核様の組織病変を呈する状態です。 この精子性肉芽腫の中心には男性配偶子が見られ、他に硝子化した線維、炎症細胞などが見られます。


【精子性肉芽腫の好発部位】
精子性肉芽腫は精路のうち、主に精巣上体、特に精巣上体上極に出来やすいとされています。 精子性肉芽腫の原因疾患としては尿路系の結核感染症、精路の炎症性疾患、外陰部における外傷、 精路型の手術などが考えられます。


【精子性肉芽腫などの慢性炎症と男性不妊】
精巣上体などの精路における慢性的炎症は、 男性が因子となる不妊症である男性不妊の原因になる場合があります。


written by 新宿でバイアグラなら新宿ライフクリニック.

用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠