精核の解説



精核の特徴

written by 新宿でシアリスなら新宿ライフクリニック.


【精核とは】
精核sperm nucleusとは、 雄核male nucleusとも言い、男子の配偶子である精子の核を示す言葉になります。 精核は他の体細胞のものには見られない特徴を有します。


【精核の特徴】
精核の本体である精子spermiumは単細胞の男性生殖因子で、少ない細胞質、高密度の核、 自律運動を可能にする鞭毛によって形成されています。 その高密度な核が精核であり、 通常の体細胞のものに比較して密度が非常に高いのはDNAと結合する蛋白質が体細胞のものと違うからであり、 受精後は通常の体細胞のものと同様なDNA結合タンパクに作り替えられ、その密度は低下します。


【精核の本体である精子の運動能】
精核の本体である精子の運動能は、妊娠率に関連する非常に重要なファクターです。 射精時に放出される精子の中には運動が見られないものもあり、 正常値は運動している精子が60%以上になります。 この運動はとりもなおさず上記の鞭毛の動きの事であり、 逆に言えば鞭毛の動きが無い精子が39%いても精子の機能は正常範囲と評価される可能性もあります。


written by 新宿でバイアグラを正規品を処方いたします.

用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠